youtubeの収益化の審査はまだ?方法や手順と2ヶ月間の実践報告!

【著者のプロフィール】

就職浪人を1年して内定した会社を半年で辞めブログで独立。人脈なし金なしから主にブログやサイトで1年後に月収100万円達成。2019年はSNSと動画マーケティングに力を入れていきます。最新の実績やビジネス情報はLINE@またはメルマガ登録者限定で配信しています。(詳細は記事下)

【要チェック】この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

こんにちは。うぇぶ太郎です。youtubeを2ヶ月間実践してきましたので、現状報告をしていきたいと思います。

youtubeを初めて約2ヶ月間が経過しましたが、結論からいうと、まだyoutubeの収益化がされていません。。。

そろそろ収益化の審査を受けて1ヶ月以上経過しているはずですが、まだyoutubeの方は目視していない可能性があります。

その理由として個人的に思ったことは、多くの方がyoutubeの動画配信に参入してきていると思いました。

 

Sponsored Links

現状のチャンネル登録・総再生回数などは?

2ヶ月目の報告ですが、現状チャンネル登録者数が2000人近く・総再生時間40万近くという結果になりました。

気づいたのですが、月間再生回数が2ヶ月目にして横ばいになってきた気がします。やはり、ジャンルが完全に同一に絞って動画を投稿しているのですが、思ったよりも伸び率が悪い気がします。

初速はすごくよかったのですが・・・。いかんせん、伸び率に結構手こずっていますね。。。

また、月間再生回数が15万くらいですが、初月と2ヶ月目の伸び率も落ちてきていますね。初月と比較すると落ちることはわかっています。

ですが、やはりyoutube戦略で短期的に成果をあげていくためにはある程度爆発力のある動画を投稿する必要がありますね。

 

今後youtubeはよりオリジナルの動画を求めている

youtubeは今後オリジナルの動画を求めていることが規約の変更などを見れば、一目瞭然です。

ただオリジナルの動画といっても、単に近場の風景を撮影するなど飽きられる動画は投稿しても収益に結びつきませんし、そのチャンネルのブランドを確立させることは難しいでしょう。

つまり、私が思う”爆発力のある動画”とはチャンネルブランドの確立に結びつき、過去に投稿された動画も見たい!と思わせるような長期的な動画資産にもなりうる動画といえます。

ですので、今後私が運営しているチャンネル=○○と印象付けられるようなブランドを確立していきたいと思います。

 

 

そのための戦略として、Facebookにも投稿しましたが、私が運営しているチャンネルに合致したyoutuber出演させることにしました。

評判は順調ですが、その結果がチャンネル登録者に増加率にどのように影響するのかを分析していきたいと思います。

 

youtuberを演出させる時には工夫が必要

youtubeに出演させる方がぶっちぎりで可愛いまたはイケメンという場合は話が変わりますが、そこまで見た目が動画映えしない方は、ある程度工夫して”飽きさせない動画”を作る必要があります。

また、撮影する際には動画のジャンルやキーワードなども重要になってきます。これらを意識しなければ、動画編集ソフトでどんなに良い作品ができても見てもらえない可能性があります。

あと、動画はハイクオリティー動画を作ることも大事ですがそれ以上投稿し続けることが大切ですね。動画を3〜5本投稿して何日経過しても再生回数が5とか10とかだったらマジでyoutubeのやる気をなくしますねwww

ですので、たとえ動画を投稿して再生回数が少なくても挑戦し続けることが大切です。トップyoutuberのヒカキンは1日に4本以上動画を撮影・編集しているそうです。

1日youtubeの作業につきっきりということが分かりますね。youtubeで稼ぐのも簡単ではないということが分かります。

 

youtubeの収益化の審査はいつ終わるのか

youtubeを始めて2ヶ月間が経過するのですが、まだ審査が終わっていない段階です。

1ヶ月以上が経過して、正直、「いつ収益化の審査が終わるの?」と多々思いますが、過去に投稿した作品に問題があるのかもしれないと思うようになってきたのです。

私が過去に投稿した作品は映像よりも音声主体の動画だったので、それが原因で収益化が遅れている可能性もあるのかなと。

今後は映像主体の動画を投稿していきたいと思いますが、過去の作品が関係するとなると、確実に過去の作品以上に映像主体の動画を増やす必要がありますね。

というのも、youtube自体が最近文字とBGMだけのスクロール動画や自動音声読み上げのような合成音声を使った動画をBANしている傾向にあるのです。

Sponsored Links

スクロール動画自体はもはや収益化しないと規約が変更されましたし、2019年もyoutubeの規約を今以上に変更していくと思われます。

 

youtubeの収益化の審査が通るための手順や方法

youtubeの収益化の審査を通すための手順ですが、基本的に1年間の総再生時間4000時間とチャンネル登録者数1000人以上が必要になります。

ただ、youtubeの審査に1ヶ月以上経過しても何も音沙汰がないということはそれ以上に見られているポイントがあると予想できます。

個人的に思ったのですが、youtubeの審査を通す方法として、他にもyoutubeの運営期間やチャンネル登録者・視聴回数の増加率などが見られているのかなと思われます。

相互チャンネルの登録を促しているyoutubeアカウントは確実にBANされると思いますし、たとえチャンネル登録者数が1000人突破しても動画の総再生時間をクリアすることは難しいといえます。

ですので、今後youtubeの収益化の審査を通すたには、完全に正攻法で審査に通す必要があります。

※アニメや嫌韓や政治関係などの動画は規制を受ける確率が非常に高いので辞めた方がいいですね。

 

youtuberと言っても顔を出さない方法で稼ぐ方法はたくさんある

youtubdeは顔出ししないと稼げないと思ってる方が沢山おられますと思います。私もそのうちの1人でした。ですが、youtubeに投稿されている全世界の動画を見ると顔出しをしなくても稼いでるyoutubeが沢山ありますね。

そこで、私が参考にした稼いでると思った動画を以下に掲載していきたいと思います。

 

これは完全に虫を利用したyoutube動画ですが、このチャンネル月50万以上稼いでると終われますwww

虫を実験材料に撮影するだけで月50万以上も収入が入ってきたら万々歳ですねw虫様様だと思いますw

でもこのyoutubeチャンネルの動画はすごく戦略的に作り込まれていると思われます。男女関係なく人間って「実験した結果何が起きるのか!?」といった好奇心がそそられる動画も好きだと思います。

その動画を忠実に最小限のコストで実現しているといえます。youtubeで激的にスピード成功を納めた「圧倒的不審者の極み!」というyoutuberと同じ心理をついた動画だといえます。

ただ、この虫系youtuber(ヘビフロッグch)は声やテロップ、構成に非常にユーモアのある内容を練りこんでいますね。その結果視聴時間の維持率も高いといえます。

 

「衝撃のクレア」は基本的にニュース動画になりますが、できる限り著作権フリーの素材を利用して、さらに最近流行ってるvtuberを利用して動画を構成していますね。

vtuberは二次元好きの方にはすごく受けがよくて、固定ファンも付きやすい傾向にあります。固定ファンがつくと、少しチャンネルの方向性と違った動画やトレンドを意識したキーワードでないタイトルであっても再生回数が増えますね。

こういった資産動画は文字とBGMだけのスクロール動画の進化系といえます。今後こういった動画は増えていくのではないかと思っています。

ただ、同じような動画が増えるということはまた、youtubeが規制をかける可能性があるというリスクも考慮する必要があります。

 

「japanesestuffchannel」は完全に日本の商品を世界に発信している動画になります。チャンネル登録者数が200万人近くですが、動画投稿数が現時点で3000本近くになります。

動画自体の内容はすごくシンプルですが、なんといっても投稿数が半端ないです。 ただ、この動画もシンプルですが戦略的に作り込まれていますね。

どのような戦略で作られているかなど個人的な分析についてはLINE@やメルマガで聞いてもらえたらと思います。

こういった動画は全世界から再生回数をもらえますが、このようにブランドを確立させるまでは本当に長い道のりだといえます。

ただ、規約違反に反することは絶対ないですし、簡単な動画撮影となりますので挑戦して見る価値はあります。

 

「コメント欄を制すもの」は規約的に少しグレー攻めていますね。Tik Tokや一般人の肖像権に違反している可能性が少し高いと思われます。

ただ、顔出しも一切なく、チャンネル登録者数も現時点で4万人越えしています。これほど注目が浴びているアカウントであれば、リブランディングも可能ですね。それこそ、仮面を被ってyoutuberデビューしたり、誰かをyoutuberデビューさせることも可能です。

アシタノワダイ」というチャンネルもはじめは簡単な都市伝説ニュースを動画にしていましたが、途中からは「みいちゃん」と呼ばれる女性を起用したりして、リブランディングしていますね。

注目さえ集めることができれば、大きくジャンルの方向性さえ間違えなければアレンジもしやすいといえます。

 

他にもyoutubeに投稿されている色々な動画を参考にすれば、今後youtubeで長期的にどのように稼げばいいのか色々ヒントを得られますね。

 

Sponsored Links



FX初心者が証拠金40万円スタート
自動売買ツールだけでどこまで増やせるか検証中

元々、僕は自動売買ツールは詐欺という認識が強くて、さらに仮想通貨で大敗してから投資アレルギーになっていました。そんな中、昔からお世話になっている経営者の方から月利20%のFX自動売買を紹介されたのが、この企画を始めるキッカケになりました。ちなみにこちらの実績画像は提案を頂いた際に実際に目視で確認した自動売買ツールで利益が出てるその方の証拠画像の一部を掲載。僕は生でこの実績を見た時が一番衝撃的でした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

【著者のプロフィール】 就職浪人を1年して内定した会社を半年で辞めブログで独立。人脈なし金なしから主にブログやサイトで1年後に月収100万円達成。2019年はSNSと動画マーケティングに力を入れていきます。最新の実績やビジネス情報はLINE@またはメルマガ登録者限定で配信しています。(詳細は記事下)