コピペリンのレビュー!購入者特典や実際に使用した感想!

【著者のプロフィール】

就職浪人を1年して内定した会社を半年で辞めブログで独立。人脈なし金なしから主にブログやサイトで1年後に月収100万円達成。2019年はSNSと動画マーケティングに力を入れていきます。最新の実績やビジネス情報はLINE@またはメルマガ登録者限定で配信しています。(詳細は記事下)

【要チェック】この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

コピペチェックツール「コピペリン」はアフィリエイトをするうえでは必要不可のツールとなります。特に外注を利用している方はコピペチェックツールを利用してコピペではないかを判断する必要があります。

他媒体からコピペの記事が納品されて、知らないまま使用すると3年以下の懲役または300万円以下の罰金を支払わないといけません。

どんなに信用できる人でも他の媒体と似た文言を記載している可能性がありますので、必ずツールを利用した方がいいです。

Sponsored Links

大量のコピペ記事を使用するとどうなる?

コピペ記事をブログやサイトに使用してしまうと、使用したブログやサイトがペナルティーを受けてしまい、圏外に飛ばされてしまう可能性があります。

ペナルティーを受けてしまうと、解除されるまでに長期的な時間がかかってしまうこともありますし、最悪の場合はペナルティーが解除されないこともあるのです。

特にホワイトハットSEOの場合は、1記事でもコピペされた記事が投稿されてしまうと、媒体全体がGoogleやYahoo!といった検索エンジンからの評価を下げてしまう可能性があります。

媒体全体の評価が下がってしまうと、今まで個別で上位表示されていた記事が下位に下がってしまうこともあるのです。

無料のコピペチェックツールは使えるの?

コピペチェックを無料で行えるツールがあります。

クラウドワークスやランサーズといった総合型クラウドソーシングサイトから納品された記事は必ずコピペチェックしましょう。

では以下に無料のコピペチェックツールを紹介していきます。

 

ファレットプラス

無料で利用できますし、自身が運営している重複コンテンツも確認できます。メルアドとパスワードのみで登録が可能で、危険度と類似度まで確認できます。

ただし、1日5回の回数制限があります。

 

剽窃チェッカー

剽窃チェッカーは登録を必要としないで、無料で利用することができます。

ですが、文字数は半角・全角含めて2000文字以内にしなければならないので、コンテンツアフィリエイトには不向きです。

 

クラウドワークスのコピペチェックツール

クラウドワークスの無料コピペチェックツールは誰でも登録すれば利用することができますし、コピペチェクの回数も無制限となります。

使い方も直感的に操作することができます。コピペかどうかを確認したい箇所をコピーしてクラウドワークスに100文字以上で入力して、チェックを開始するだけです。

他の文章と被っている箇所は赤マークが表示されて、さらに文章は他の媒体とどのくらい一致しているのかが%でも確認することができます。

他のどの媒体と一致しているのかが、左のサイドバーにてURLが表示されているので、実際にリンク先も確認できるのです。

ただ、問題点としては、チェック精度が有料ツール「コピペリン」よりも劣っているので、外注メインでアフィリエイト媒体を作成するのであれば、クラウドワークスの無料コピペチェックは使用しない方がいいです。

 

sujiko.com

URLを指定すればミラーサイトだとすぐに確認できますが、1日5回の回数制限があります。

メアド登録をすれば、回数が無制限となります。

 

CopyDetect

「CopyDetect」はクラウドワークスと同様に、コピペチェックしたい箇所をコピーして、ペーストするだけの直感的な操作で利用することができます。

ですが、200文字〜2000文字未満でしか利用できないので、コンテンツアフィリエイトには不向きです。

 

こぴぺらん

「こぴぺらん」は4000文字までチェックが可能で、無料で使用することができます。

25〜79文字まで自動的にテキストが分解されて、コピペではないのかを判断します。

注意点としては、「.」「! 」「?」「。」の4つの記号が文章の終了としますが、4つの記号がないまま80文字以上を超えてしまうと、その文章がないものと判断されてしまいます。

Sponsored Links

ですが、80文字以上の文章が連なる一文には上記の中の記号を適当に入れる必要があります。また、24文字に達していない文章も、ないものと判断されますので、コピペチェックがされます。

登録は不要ですが、コピペリン(有料版)よりもコピペの精度は劣ります。

有料コピペチェックツール「コピペリン」とは

「コピペリン」はアフィリエイター全員が愛用しているといってもいいほどの定番のコピペチェックツールになります。

チェック回数が無制限で年会費が6000円となり、コスパが非常に良いです。チェック精度は他のツールよりも断トツで一番になります。

ただし、Windowsのみでしか使用できませんので、Macのみの方はWindowsをPCにインストールしなければなりません。

とはいっても、Mac使用者がもしWindowsでしか使用できないことを知らないまま購入した場合でも返金対応はしてくれます。

影武者はコスパが×!?

コピペチェックツール「影武者」では月額の会員登録制でチェック回数が登録プランに応じて変動しており、値段が高いプランであればあるほどチェック回数が多いです。

また、チェック回数が1とカウントされるのは1000文字ごととなります。つまり、1記事3000文字がメインとなる媒体を作成するのであれば、月額4,320円の月100回のプランでも月に約33回しか利用することができません。

もちろん1記事5000文字超える記事も作成すると思います。そうなると、さらに、月のコピペチェックの回数が少なくなってしまいます。

コピペリンは月額になおすと、約500円になりますので、コスパという視点でも、「コピペリン」が一番おすすめといえます。

「コピペリン」はアフィリエイトをするうえでは絶対必要です!

近年、DeNAなどが運営しているキュレーションメディア「メリー」や「WELQ(ウェルク)」の記事がコピー記事で問題となり、全ての記事が非公開になりました。

その他にも8個のまとめサイトを非公開にして、最終的にはDeNAの株価が下落して、数億円という損失を出しました。

これは大手企業に当てはまるだけではなく、個人おアフィリエイトでも当てはまります。何億という損失は出さないにしても、コピペ記事が原因で一瞬にして稼いでいる媒体がお釈迦になってしまいます。

専業アフィリエイターであれば、死活問題になります。今でも多くの方がコピペ文章を納品してくることもありますので、たかが月500円のコピペチェックツールは絶対にケチらない方がいいです。

 

コピペリンの購入者特典とは

コピペリンを実際に使用した感想ですが、いうまでもなくどのツールも圧倒的に使いやすいです。

特にCSVダウンロードもできますので、どの箇所コピペなのかをボタンワンクリックで表示させることができ、それを外注者に渡すこともできます。

コピペリンの購入者特典は私の具体的な外注化戦略をまとめたPDFまたは動画解説したものを特典とします。

 

《具体的な特典の内容》

・コピペチェックすらも外注に任して完全自動化で媒体を作成する方法

※コピペチェック自体外注化したい方は、私に連絡して頂けましたら紹介致します。

・某サイトより好きな時に何人でも外注者を見つけて仕事を任せたり仕事を依頼する方法

・外注者が絶対にコピペ部分がなく高品質な記事を納品してもらう方法

 

購入者特典は随時追加していきますし、”こんな特典がほしい!”という方は直接ご連絡頂きましたら、可能であれば前向きに検討していきます。

 

うぇぶ太郎の購入者特典付きでコピペリンを購入する

 

Sponsored Links



FX初心者が証拠金40万円スタート
自動売買ツールだけでどこまで増やせるか検証中

元々、僕は自動売買ツールは詐欺という認識が強くて、さらに仮想通貨で大敗してから投資アレルギーになっていました。そんな中、昔からお世話になっている経営者の方から月利20%のFX自動売買を紹介されたのが、この企画を始めるキッカケになりました。ちなみにこちらの実績画像は提案を頂いた際に実際に目視で確認した自動売買ツールで利益が出てるその方の証拠画像の一部を掲載。僕は生でこの実績を見た時が一番衝撃的でした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

【著者のプロフィール】 就職浪人を1年して内定した会社を半年で辞めブログで独立。人脈なし金なしから主にブログやサイトで1年後に月収100万円達成。2019年はSNSと動画マーケティングに力を入れていきます。最新の実績やビジネス情報はLINE@またはメルマガ登録者限定で配信しています。(詳細は記事下)