浪費癖で後悔!寂しさや見栄が酒や物欲の依存症を高める?

【著者のプロフィール】

就職浪人を1年して内定した会社を半年で辞めブログで独立。人脈なし金なしから主にブログやサイトで1年後に月収100万円達成。2019年はSNSと動画マーケティングに力を入れていきます。最新の実績やビジネス情報はLINE@またはメルマガ登録者限定で配信しています。(詳細は記事下)

【要チェック】この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

どうも、うぇぶ太郎です。今回は過去の私の浪費癖の悪さを中心に、いかに浪費癖が後悔にも繋がるのかを紹介していきたいと思います。

収入の柱がいくつもあり、毎月安定して収入を確実に確保できる場合は破産しない程度に浪費しても問題ないかもしれません。

ですが、安定収入が確保できず、収入もそれ程高くない場合は浪費癖が強いと後悔してしまう可能性が高いです。

毎月100万程度の場合は、浪費癖を高めない方がいいですね。見栄や寂しさが原因で物欲や酒への依存度が高い方は、生活や仕事を崩壊させてしまうリスクがありますので、注意が必要ですね。

 

Sponsored Links

浪費癖で後悔するとは!?

浪費癖で一番後悔してしまうことは、大きく儲けられる投資のチャンスがあるにも関わらず貯金学が少なくて、投資できないことですね。

最近でいうと、仮想通貨ですね。仮想通貨の爆上げ前に500万円を投資しましたが、投資額が1000万の場合、もし仮想通貨で10倍になれば、1億になります。

500万円が10倍の場合だと5000円万になりますので、その差2分の1ですよね。

ですので、投資で大きく儲けたい場合は元手が多ければ多いほどいいのは明白となります。

 

依存度が原因で浪費癖が高くなってしまう瞬間とは

私はインターネットとかで稼いだお金を見栄からブランド品を購入したり、彼女と別れて寂しさからお酒に逃げてお酒に依存していた日々もありました。

結構な金額をお酒に費やしてしまった気がします。例えば、夜のお店とかに大きくお金を使ってしまったりしたことがあります。

これは完全に浪費ですね。個人的にはこういった浪費が快感とか楽しいとか思ってしまうと、物欲や酒の依存度が加速させてしまい、浪費がひどくなっていきます。

 

お酒の失敗を2年繰り返して自己嫌悪がヤバい!水で予防しかない!?

 

要は快感っていうのがポイントですね。こういった快感は脳内に中毒性を与えてしまえている可能性があります。

 

金銭感覚は簡単にバグり浪費癖を加速させる

金銭感覚は本当にすぐにバグります。

毎月10万円の中でブランド品や飲み代に使っていたのが、少し収入が増えたからといって毎月20万・30万と浪費代が増やしてしまうと、いざ収入が下がった時にすぐに浪費代を以前の状態に戻すことが非常に難しくなります。

元TRFのメンバーであり音楽プロデューサーの小室哲哉さんも税金問題などで破産寸前でも浪費癖が酷く、金銭感覚を戻すのに苦労したと週刊誌で見たことがあります。

 

一時的にバグった私の金銭感覚とは

元々私は大体毎月50万円以上浪費していた時期がありました。酷い時は入ってきたお金を全て浪費した時期もありました。

やはり飲み代が酷かったですね。自営業者はある程度飲み代とかを経費に落とすことができますが、夜のお店の飲食代とかは経費で落とすには非常に質が低い経費になります。

税理士によっては夜のお店の飲み代を経費として落としてくれない場合もあります。飲み代を経費で落とすにも上限がありますからね。

こんな状態では派手にお金を使ってお金持ちと思われるかもしれませんが、お金は全く溜まっていきません。

※毎月・毎年圧倒的に稼いでる方は話が別になります。

 

寂しさと見栄は表裏一体だと思った

寂しいという気持ちや自己承認欲求が強い方は見栄っ張りが多いと思われます。

私は自営業者ですが、自営業者って何で自分をアピールするかってなった時には、やはりSNSで自分の実績などを配信したり、所有しているブランドを見せつけたりするしか、稼いでるアピールをすることができません。

特に夜のお店の子を落とすためには見せ金とかも大切になってきますね。財布の中にパンパンの札束を入れていることもあります。

あまりお金を稼いでますアピールを話したりすると、男女問わず周りから嫌われてしまうこともありますからね。

 

女性好きで見栄を貼ってしまう方も注意

サラリーマン・自営業者に関係なく女性が好きで、見栄を貼ってしまうのも浪費を加速させている原因になりますね。

女性は確かに、デートなどの飲食代に関しては「男性が全て払ってほしい!」と思っている女性がいるのも確かです。

特に夜の仕事をしている方は奢って貰えることが当たり前と思っている方が大半ですw

こういった女性に惚れてしまうと、お財布事情が大変になってきます。デート代を毎回男性が払っていると、本当に金欠になってしまう可能性が高いです。

インフラ系の超大手企業に勤めている学生時代の友人も最初は女性とデートをする度に全て自分で支払っていましたが、今は好きな彼女ができて、その彼女とはデート費用を割り勘までは行かなくても、女性に少しは出してもらうに話し合ったそうです。

 

飲み代はもったいないし無駄?高いし割り勘は不公平?

Sponsored Links

 

お酒に酔ってクレジットカードを多用

お酒に酔ってしまうと、普段の自分とは違った自分が出てきてしまうことが多々あります。

特に奢り癖が強い方は大勢で飲んた時に自分一人でクレジットカードで支払ってしまうことが多いです。

クレジットカードは現金がその場になくても上限以内であれば、いくらでも使用できます。これがクレジットカードの魅力であり浪費の原因になりますね。

ですので、クレジットカードが原因で浪費家になっている方はクレジットカードを持ち歩かない方がいいですね。

知り合いの起業家はクレジットカードを持ち歩かないで、マネークリップにその日使う金額を挟んで持ち歩いている方もおられます。

 

バグった金銭感覚や浪費癖を最短で治す方法

金銭感覚がおかしくなったり、浪費癖がヤバイのを治すために私が実際に実践した方法を紹介していきたいと思います。

浪費癖が酷いのは精神疾患に近い部分があると思っていますので、それなりに努力して治したり、または強制的に現状の環境を変える必要がありますね。

 

過去に何にお金を使ったのかを把握する

私は自営業なので、日々領収証を集めていますが、飲む頻度が多いと、領収証も多くなってしまい、いつ何に使ったのかが分からなくなってしまいます。

ですので、月の終わりには何にいくらかを計算したり、ネットから使用したクレジットカードの明細を確認して、何にいくら支払ったかなどを確認するようにしました。

さらに、私は明らかに大きく使ったものなどを把握しつつ、趣味娯楽で使う金額を毎月定めて、その範囲内で使えるように調整するようにしました。

調整するのも最初の頃はお酒が入ると「どうでもいいっか」という意識が強くなってしまうので、初月から調整するのが難しかったです。

私の場合は2〜3ヶ月目くらいから毎月の浪費が抑えられました。

 

飲みの頻度を抑えられる環境を強制的に作る

友人や先輩が多くて頻繁に飲みに誘われる環境にいる場合は、その環境から脱出する必要があります。

そうはいっても、周りが大切な人達ばかりだと誘いを断るのが難しい方も多いと思われます。

私は基本的にイエスマンなので、どんな誘いもイエスで返答していましたが、浪費癖を辞めるために、少し嘘をついたりして相手を傷つけないようにして誘いを断ったりしました。

全ての誘いにイエスと答えてしまうと、お金が持たないので、臨機応変に対応していく能力を身につけるのも大切です。

誘いを断ることが原因で嫌われるのであれば、”それまでの関係”と思った方がいいでしょう。

 

寂しさや見栄を必要としないように精神を安定させる

精神的に不安定になることが原因で浪費癖が加速している人は、一度精神的に安定できる環境へ行くことをおすすめします。

私は体質的にお酒が弱いので、すぐにお酒に飲まれてしまいますし、普段テンションが低いのでお酒を飲んでる時がすごく楽しくなってしまうのです。

ただ、楽しく飲んでしまった次の日の二日酔いが本当に半端ないです。ソファーから一歩も動けない状態になってしまうのです。

そして、お酒の失敗を思い出し何度も嫌気がさしてくるので、この気持ちをなくすためにさらに飲みに行ってしまうのです。

こういった不のスパイラルをやめるために、自分が飲んでも良いと思えるお酒のペースや量を抑えるようにしました。

また、お酒の失敗をしてはいけない人達の前は自分の限界を超える飲み方をしないようにしました。これも訓練ですね。すぐに抑えることはできません。

他にも無理やり色々なコミュニティーに顔を出すこともやめました。結局全員と仲良くするのは無理なので、気が合いそうな先輩や同期と飲むようにしました。

つまり、飲みのプレッシャーや強制感がないように自分自身で律するようにしたのです。

 

楽観的な思考を変える

お金に対して楽観的に考えている方は、浪費癖が高いといえます。これは僕にも当てはまっていましたね。

仕事をし続ける、または会社に行けば毎月固定の金額が入ってくるからといって、楽観的に浪費し続けるのは、生活を破滅させる道への第一歩となります。

自営業者だけではなくサラリーマンの方もいつかは固定給が減ってしまったり、不景気が原因でボーナスがカットされてしまう方がいるのも事実です。

もしかしたら、投資だけではなく、お金を最も必要とする時に、結婚したいと思える女性と出会ってしまうかもしれません。

そうなってしまっては浪費した後悔の気持ちが非常に大きくなりますね。

ですので、お金を使用する際は突然何が起きてもいいように計画的に使用することをおすすめします。

 

結果的には4ヶ月くらいで金銭感覚が戻った?

浪費癖は約4ヶ月くらいで、抑えられるようになった気がしますね。大体毎月50万円以上浪費していたのが、毎月10万くらいまで抑えられるようになりました。

それでもまだ抑えられると思いますがので、限界まで浪費を抑えようと思います。

浪費を抑えるうえで意識したのが、以下のポイントです。

・「どのタイミングでどの人と遊び、どのくらい浪費するのか」

・「こまめにクレジットカードの詳細を確認して、後いくらまでは浪費できるかな」

・「飲みすぎてお酒にお金を使いすぎたので、次回はいくらまでと決めてそれ以上使わないようにATMから引き出す金額を抑える」

こういった浪費癖は意識し続けて体に染みつかせることが大切ですね。遊びは本当に上限がないので、とことん遊ぼうと思えば遊べてしまいます。

ですので、浪費癖が酷い方は今後人として成長していくためにも意識改革することをおすすめします。

※お酒を飲むと楽しくなってしまうので、飲む量を控えることが一番難しかったです。

 

Sponsored Links



FX初心者が証拠金40万円スタート
自動売買ツールだけでどこまで増やせるか検証中

元々、僕は自動売買ツールは詐欺という認識が強くて、さらに仮想通貨で大敗してから投資アレルギーになっていました。そんな中、昔からお世話になっている経営者の方から月利20%のFX自動売買を紹介されたのが、この企画を始めるキッカケになりました。ちなみにこちらの実績画像は提案を頂いた際に実際に目視で確認した自動売買ツールで利益が出てるその方の証拠画像の一部を掲載。僕は生でこの実績を見た時が一番衝撃的でした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

【著者のプロフィール】 就職浪人を1年して内定した会社を半年で辞めブログで独立。人脈なし金なしから主にブログやサイトで1年後に月収100万円達成。2019年はSNSと動画マーケティングに力を入れていきます。最新の実績やビジネス情報はLINE@またはメルマガ登録者限定で配信しています。(詳細は記事下)