親孝行したいときには?お金がないけど食べ物や旅行プレゼントがいい?

【著者のプロフィール】

就職浪人を1年して内定した会社を半年で辞めブログで独立。人脈なし金なしから主にブログやサイトで1年後に月収100万円達成。2019年はSNSと動画マーケティングに力を入れていきます。最新の実績やビジネス情報はLINE@またはメルマガ登録者限定で配信しています。(詳細は記事下)

【要チェック】この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

どうも、うぇぶ太郎です。現時点で私はアラサーということもあり、しかも両親が晩婚がなので、そろそろ親孝行を真剣に考える時期だと思いました。

大杉漣氏や西城秀樹氏がお亡くなりになったということで、まじで両親が亡くなる前に親孝行としないと一生後悔すると思いました。

親孝行の仕方は人それぞれ違うと思いますが、親からすれば、どんな方法であれ嬉しいものだと思いますが、親孝行したと誇れるくらいのことをしたいですね。

旅行のプレゼントもおすすめだと思いますが、私個人として親孝行できる部分を発見して実践している一例を紹介していきたいと思います。

 

Sponsored Links

私は親に迷惑をかけた方なので後悔しないようにしたい

10代前半とかの子供時代はまじで親不孝者であったと思います。反抗期はどちらかというと人よりも酷かったです。

なにせ親と仲が悪くて15歳くらいから高校も行かずに一人暮らしをしていましたし、その当時付き合っていた女性と同棲したりもしていました。

大検を取得して関西偏差値トップの私立大学に入学したりしましたが、これも親孝行というよりも自分のためや世間に対して見返したりという欲求からでした。

学費も自分では支払ったことがなく、奨学金とかもなく両親が支払ってくれました。

自由奔放な10代だったということには間違いないですw

クソ息子だったことには間違いないですが、私の年齢もアラサーなので、そろそろ本格的に親孝行を始めないと一生後悔すると思い、親孝行に対して深く考えるようになりました。

もし両親の年間2回しか会えないとなると、残り両親が10年生きたとしても、残り20回しか会えませんね。

 

両親とのコミュニケーションを深めることから開始

私は過去に両親と深く会話をしたことがあまりなかったので、コミュニケーションを深めることから始めましたw

久しぶりに両親と会話するのは結構恥ずかしいですし、何を話したらいいのか分からなくなります。

ただ、私は自分でビジネスをしていて為替や株なども勉強していますし、両親ともか株や為替もやっているので、社会情勢に関する内容で会話が盛り上がりましたw

あとは仮想通貨ですね。仮想通貨でビットコインやリップルが今後どういった価格になるのかなどです。

実際に私が投資しているので、色々話やすかったですし、両親も仮想通貨に軽く投資しようかなっとも話していました。

大人になると共通の話題が増えるので、色々話やすかったので、昔よりも自然と会話の数が増えました。

 

親父の仕事を手伝って親孝行

私は今まで、そこまで深く親父の仕事を知りませんでした。職人であることは知っていたのですが、どういった品物を直す?または作るのか?といった内容は全く知りませんでした。

で、実際に親父の仕事を手伝いつつ、何の仕事をしているのかを体験しつつ学んだのですが、美術館とかに置いてある陶器品の復元・修復がメインになります。

祖母の代から続いているので、私が継承すると3代目になりますねwしかも結構有名なとこの骨董品の修復や復元をしていたそうです。

親孝行として人生初めて親父の仕事を手伝った。 親父は骨董品の復元をしてる職人で大阪東洋陶磁美術館の品物を復元したりしていたらしい。 今までインターネットメインで収益を構築していたので、アンティークの世界は全く無知でした。 ただ、親父の仕事をしてめちゃ楽しいし奥の深い世界だと思った。 親父の仕事を継承しつつ今まで培ったネットを融合すれば、国内だけでなく海外からも集客できそう。 しかもほぼブルーオーシャンだからかなり強い。 ネット収益はコンサル以外特に誰にも感謝されないが、お金が入ってくる。 でも、こういった復元って感謝やれるし、壊れた物を復元して販売も出来る。 時間もあるし一生物の技術やし、いっちょ本気でやってみよう。 #ビットコイン #リップル #イーサリアム #仮想通貨 #アフィリエイト #fx #バイナリーオプション #相互フォロー #相互フォロー希望 #相互フォロー大歓迎 #独立 #ビジネス #お金稼ぎ

うぇぶ太郎さん(@webtarou0206)がシェアした投稿 –

EXILEのJsoulbrother’sではありませんが、まさか3代目として職人をやる機会があるとは思いませんでしたw

親父も職員といえど、フリーランスの部類に入ると思います。親父はもうかれこれ40年以上継続しているので、本当にすごいですね。

親父は圧倒的に性格が職人気質なので、昔は全く性格が合いませんでしたが、仕事面ではまじで尊敬ですね。リスペクトってやつです。

Sponsored Links

ps、実際に父親の仕事を手伝い始めて、完全にアンティークの魅力に取りつかれました。廃れないようにしっかりと受け継いでいきたいですね。

 

親孝行でおすすめのプレゼントは?

親孝行は実家に帰って両親とのコミュニケーションを増やしたり、親父の仕事を手伝うのもいいですが、他にも物や旅行をプレゼントするのもいいですね。

特に物や旅行は両親が元気でいる間にプレゼントしたいですね。特に旅行は両親が動ける間でしかプレゼントができません。

物は両親は両親の生活が楽になる機能性のあるものや、美味しい食べ物もおすすめだといえます。

そこで、個人的におすすめできる旅行・物を紹介していきたいと思います。

 

親孝行におすすめの食べ物

食べ物は親が健康体である内にプレゼントしたいものの1つでもあります。食欲は万人で共通しますし、一番無難なプレゼントだと思っています。

どんな食べ物がおすすめかといいますと、私個人としては季節に合わせた食べ物をプレゼントするのが良いかなと。

例えば、冬ならカニとかですね。ただ、肉と米が食べ物のプレゼントでは最強だと思います。

肉(カニ含め)は少し値段が高いですが、美味しい米はそこまで高くないし、リーズナブルなので、お金がない方でもプレゼントできますね。

以下で紹介しているお米は「特A米の詰め合わせギフト」になります。特Aとは「お米の食味ランキング」で過去5年間で一番高い評価を得たものとなります。

例えば「あきたこまち」「こしひかり」「ひとめぼれ」などが挙げられます。それ以外にも他地域の最高峰のお米がセットになって販売されています。

 

親孝行におすすめの家電

家電はどの商品でも大体2年が経過すると、壊れてしまうというか、廃棄になってしまう可能性が高いです。というより買い替えるために、そのような設計で作られている可能性が高いです。

ですので、実家に帰ってみると、「冷暖房器具が壊れている」「浄水器が付けれられていない」「もっと便利な調理器具・掃除用家電があるのに」と思うことが多々あると思います。

そいうった方には親の家事や生活を楽させるためにも、家で不自由している家電を購入してプレゼントするのもおすすめですね。

個人的には炊飯器がおすすめです。家電の中でも炊飯器は毎日両親が美味しいお米を食べられるし、以下で紹介している超高圧炊飯器は国内最高気圧を実現しています。

お米1つ1つがふっくらするのもは勿論、それ以外にも、パンケーキや圧力調理にも利用できますね。料理好きな両親には最適な調理器具となります。

5000円相当の「生きてる玄米」(米)もついてくるので、すぐに発芽玄米を美味しく食べることができます。栄養価が白米の15倍で、糖尿病の予防にもつながるのです。

 

 

親孝行で旅行のプレゼントはどこがいい?

両親ともに歩ける状態で離婚しておらず、仲が良い状態には旅行もおすすめできます。温泉付き旅行とかも、特に両親がもう退職金や年金生活を送れてる状態の方には最適です。

例えば、「じゃらん」とかは、「遊び・体験」という項目があるので、そこから住んでる家からあまり遠くない地域の温泉・旅館などを決めて両親と日程を相談しつつ手配してあげると良いですね。

以下ではじゃらんが提供している日帰り温泉特集になります。地域ごとにおすすめの温泉付きの旅館が紹介されています。

 

 

 

両親の年齢であれば、「50歳以上限定プラン」とかも旅行プレゼントには最適ですね。

 

じゃらんでは季節に応じて提供しているプランやキャンペーンも違ってきます。さらに、ポイントも貯めていくけるので、コスパよく旅行を楽しむことができます。

 

 

 

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

【著者のプロフィール】 就職浪人を1年して内定した会社を半年で辞めブログで独立。人脈なし金なしから主にブログやサイトで1年後に月収100万円達成。2019年はSNSと動画マーケティングに力を入れていきます。最新の実績やビジネス情報はLINE@またはメルマガ登録者限定で配信しています。(詳細は記事下)