飲み代はもったいないし無駄?高いし割り勘は不公平?

【著者のプロフィール】

就職浪人を1年して内定した会社を半年で辞めブログで独立。人脈なし金なしから主にブログやサイトで1年後に月収100万円達成。2019年はSNSと動画マーケティングに力を入れていきます。最新の実績やビジネス情報はLINE@またはメルマガ登録者限定で配信しています。(詳細は記事下)

【要チェック】この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

どうも、うぇぶ太郎です。今回は飲み代について個人的な見解を徹底的に紹介していきたいと思います。

私は正直飲み代が激しい方かもしれませんw特に彼女と別れた月は稼いだ分全てを飲み代に使っていた時がありましたw

とりあえず浴びるほどお酒を飲んで、お酒とともに思い出を流そうとしていましたw

ただ、飲み代って本当に考えて使わないとただの無駄使いになってしまいますし、一瞬でお金がなくなってしまいます。

しかも、飲む量や飲む人との関係性によっては割り勘が高くて不公平だと思ってしまう方も多いと思われます。

 

飲み代はもったいないし無駄金になる?

飲み代は使い方によっては非常にもったいないし、正直無駄金になります。ただ、”賢い飲み代の使い方”をすれば、無駄金ではなく投資になります。

まずは、無駄金になった飲み代の例を紹介していきたいと思います。

 

友達と自分のアルコール摂取量のキャパ以上に飲みすぎる

友達をお酒を飲んでいると、ついつい楽しすぎて自分のキャパの限界を超えても尚お酒を飲み続けてしまうこともあるでしょう。

私自身がお酒に弱くて、飲まれてしまうことが多々あり、その分、記憶がない状態で大量のお酒を飲んでしまいます。

お酒の失敗を2年繰り返して自己嫌悪がヤバい!水で予防しかない!?

その結果、1日の飲み代が5万・10万になってしまうこともあります。10万使った次の日は後悔が半端ないです・・・。

 

「なんで、俺はお酒に飲み代をこんなに使ってしまったのだろう・・・。」

 

5万、10万もあれば、どこか評判の良いコンサルを受けて新しい事業を始めることも可能ですし、セミナーや情報商材などを買って今以上に稼ぐ知識を身につけた方がはるかにメリットがあります。

一時の感情に任せてしまい、お酒を大量に飲んで高い飲み代を支払うのは本当にアホくさいです。

 

バーでボッたくられる

「この人はお金持ってる!」と思われると、結構たかられることがありますw

結構よく行く仲の良いバーに行っても気づけば物凄く高い値段になっていることもあります。

私が酔いすぎて、”飲んでいいよアピール”していることもありますが、初めていくバーでまじでハエのように群がり(しかも男が)

 

「お酒一緒に飲んでいいですか?(笑)」

 

といった具合に2〜3人と飲んだこともありました。その時はキャバ嬢とアフターで行ったお店なのですが、完全にカモられましたねw

特にシャンパンとかも何も下ろしていないのに、お会計が4万円wいやまじでこの時は完全に反省です。キャバクラ恐怖症にもなりましたw

 

記憶がない時にシャンパンを下ろしている

お酒を飲みすぎて完全にブラックアウトしている状態で、多分気分が良くなっていたのでしょう・・・。

「シャンパン下ろして!」

と言っていたことがあるそうで、翌日目が覚めた時に領収書を見て始めて使った金額に気がつきます。

私はシャンパンがむしろ苦手な飲み物だったので、誰かか、もしくはお店側が私に「シャンパン下ろしていい?」と聞いていて、記憶がない状態でYESと言ってしまったのでしょう・・・。

※もう後悔してもしょうがないので、これ以上は何も話せません。(´・_・`)

 

飲み代が投資になる使い方とは?

投資になる飲み代とは、自営業の方に大きく当てはまるかもしれません。

サラリーマンの方でも勿論当てはまる部分もあると思いますが、個人的な見解を紹介していきますね。

Sponsored Links

 

先輩と飲んだ時にあえてお酒を奢る

自営業の方は自分のよりも大先輩と飲む機会も多くあると思います。大抵の場合は奢って貰えることが多いでしょう。※これは人によりもますが

ですが、その時に後輩がこっそり全部支払ったりすると、強い印象が残りますので、次回から可愛がって貰えることがありますし、以前よりも仲が深まることがあります。

ただ、絶対ではなくて可能性の話になります・・・。自分のビジネスと全く関係がなかったりすると相手にされないこともありますので、その辺は臨機応変にしないといけないですね。

 

情報共有のためにお酒の場へ出向く

これは自営業に当てはまることだといえますが、情報共有のためにお酒の場へ出向くのは有意義な飲み代となります。

自営業者は基本的に孤独になりますので、情報を手に入れるにはネットも大切ですが、人脈から手に入る生の情報も重要になってきます。

お酒の場では、皆さん気が緩んでいるので、幅広く様々な濃い情報が飛び交っています。

こういった生の情報は現状全く自分のビジネスと関係ないかもしれませんが、顔を覚えてもらうだけもメリットがあります。

 

今思ったんですが、

 

「・・・飲み代の投資は正直これくらいかな」

 

基本的に飲み代は使いすぎないように、飲む時は1日の使う金額をしっかりと決めておいた方がいいです。

あと、クレジットカードは持ち歩かない方がいいです。後悔するくらい使ってしまうこともあるので・・・。

 

高い飲み代の割り勘は不公平?

お酒の強い人と弱い人の飲む量を比較した時には割り勘って結構不公平と思う方も多いかもしれません。

ただ、これだけはもうどうしようもありませんw私もお酒が飲める年になって、最初の頃は「全然飲んでないのに割り勘て・・・」って思っていました。

ただ、お酒は基本的に”景気付け”でしかありませんので、飲む量が多い人に合わせて飲んだところ、自分にはマイナスでしかありませんw

お酒が弱い方が大量に飲んでも、次の日の二日酔いが酷くなるだけですし、もし女性がいる席で吐いたり、寝てしまったりすると場が白けるだけになりますw

特に女性がいる席の場合は、女性に沢山飲ませて楽しませる勢いくらいがあればいいですねw

 

稼いでる人が多く払うべきでは?

自営業だけではなくサラリーマンの方でも、役職の上の人が多めに払うべきと思われる方もおられるでしょう。

自営業とサラリーマンでは少しお金に対する感覚が違うと思いますが、ただ、皆でワイワイ遊ぶお金は皆平等に支払うべきだと思っている方も多いのも事実です。

先輩の付き合いで自分が嫌嫌付き合わされる場合は、先輩が支払うべきかもしれません。

もしくはサラリーマンの方で会社直属の先輩とかと飲む場合も先輩が多めに支払った方がいいという方も多いでしょう。

ただ、自営業に関して、全く初対面の方と会食をする場合は年齢関係なく平等に支払う機会が多数あるのも事実です。

 

個人的には割り勘で支払う意識を強く持っている

勿論、一番年上でお金持ちの方が全部支払ってくれる機会もありますが、私個人としては”どんな状況でも割り勘で支払いたい”という気持ちが強いですw

私の変なプライドかもしれませんが、奢ってもらうことに対して、情けない自分がいたからだと思います。

ですので、向上心を持って自営業を継続できているのかもしれませんw

とはいっても、奢ってもらった時は、「早く先輩に追いついて、不公平なく割り勘で支払えるように仕事を頑張ろう」という自ら意識を高めました。

 

学生は話が別になるかも・・・

私はお酒が弱い方だったので、大学生の時は「全然お酒飲んでないのに割り勘て・・・」って思っていました。

ただ、大学生の場合はお酒を飲まない代わりに、その分食べる量を増やしていましたw

お金がないので、とりあず、お酒弱し、さきにご飯を沢山食べてからゆっくりとお酒を飲むようにしていました。

激しい飲み会の場合は、全くそんなこと意識できませんでしたが・・・。

何にせよ、お酒は楽しむ飲んだもの勝ちなので、無理しない程度に嗜んでいくのがベストですね。

 

 

Sponsored Links



FX初心者が証拠金40万円スタート
自動売買ツールだけでどこまで増やせるか検証中

元々、僕は自動売買ツールは詐欺という認識が強くて、さらに仮想通貨で大敗してから投資アレルギーになっていました。そんな中、昔からお世話になっている経営者の方から月利20%のFX自動売買を紹介されたのが、この企画を始めるキッカケになりました。ちなみにこちらの実績画像は提案を頂いた際に実際に目視で確認した自動売買ツールで利益が出てるその方の証拠画像の一部を掲載。僕は生でこの実績を見た時が一番衝撃的でした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

【著者のプロフィール】 就職浪人を1年して内定した会社を半年で辞めブログで独立。人脈なし金なしから主にブログやサイトで1年後に月収100万円達成。2019年はSNSと動画マーケティングに力を入れていきます。最新の実績やビジネス情報はLINE@またはメルマガ登録者限定で配信しています。(詳細は記事下)