mixhostの評判!ssl化やワードプレスの移転などの使い方は簡単?

【著者のプロフィール】

就職浪人を1年して内定した会社を半年で辞めブログで独立。人脈なし金なしから主にブログやサイトで1年後に月収100万円達成。2019年はSNSと動画マーケティングに力を入れていきます。最新の実績やビジネス情報はLINE@またはメルマガ登録者限定で配信しています。(詳細は記事下)

【要チェック】この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

どうも、うぇぶ太郎です。ワードプレスをエックスサーバーからmixhostへ移行させて、ssl化の設定も完了したので、その過程を紹介していきたいと思います。

ワードプレスの移行やssl化の仕方が分からないという方は参考になれば幸いです。

そもそも「なぜエックスサーバーでssl化をしないの?」と思われたかもしれませんが、元々移行させたいワードプレスのサーバーがエックスツーサーバーを使用していたのです。

エックスツーサーバーはエックスサーバーと統合したのですが、ワードプレスのデーター自体は自分で移行させないといけないのです、

移行させないとssl化もできないので、この際もうサーバーも変えてssl化をしようと決意したのです。

 

 

Sponsored Links

mixhostサーバーを選んだ理由とは?

最初はワードプレスの移行とssl化を自力でやろうと思ったのですが、思った以上にややこしいというか失敗するなと思ったので、ひとまずメインサイト・ブログは完全に業者に任せることにしました。

そこで、私は色々なサーバー会社を調べて、どこのサーバー会社に移行してssl化をしようかと悩んでいたのですが、mixhostが神的に使えるサーバーだと思ってmixhostサーバーに即決しました。

mixhostサーバーの何が良いかを端的に言うと、”コスパ最強”ということですね。

mixhostはLiteSpeed Webサーバーと呼ばれる最新のサーバーソフトウェアを採用しており、そのおかげで画像の読み込みや記事の表示などの高速化が可能となっているのです。

他にも以下などの利点がありますね。

・「HTTP/2」プロトコルに標準対応

・無料独自ssl

・MySQL

・アクセス解析

・高速化のためのPHP7標準対応/ピュアSSD/マルチCPU/RAID構成

・30日分の遠隔バックアップ

・アップロードファイルやメールのウイルススキャン

etc

とにかくサーバーのスペックとしては最強に部類するほどのサービスが付随しているのです。

実際にmixhostを利用したワードプレスと、他者サーバーを利用しているワードプレスの表示速度を比較してみた結果が以下となります。

以下はエックスサーバー(旧エックスツーサーバー)を利用したワードプレスの表示速度となります。

3Gでの読み込み時間が6秒と普通の結果になっていますね。

 

一方のmixhostサーバーを利用したワードプレスの表示速度となります。2秒も縮まっており、さらに測定離脱率も14%改善されています。

1秒違うだけでも断然良い結果を得られるのが分かりますね。

 

※「testmysite」という表示速度を計測するGoogleの無料ツールを利用した結果となります。約1分くらいで計測してくれるので、アフィリエイターには必須アイテムですね。

 

mixhostへの移転費や運営費が安すぎる!

ワードプレスのサーバーの移転やssl化を一般の業者に頼む時は大体5〜20万くらいコストがかかってしまう時があります。

特にssl化する場合は別途サーバー契約しつつ、sslサーバ証明書を専門の業者にて年間数万円という契約をしする必要があるので、作業としては二度手間になってしまうのです。

イメージとしては、「サーバー」+「sslサーバー証明書」の2点セットで初めてssl化されたワードプレスを運営できるということです。

今まで運営してきた数十個ワードプレスに対してこの手順を踏むのはまじで無理!というめんどい!

その点、mixhostはサーバー運営費が月額880円〜でしかもワードプレスの移転とssl化を完全に任せられて16,157円で済ますことができるのです。

※16,157円は1つのワードプレスの移転・ssl化に対しての値段となります。実際に当ブログはmixhostを利用して移転・ssl化を完了しました。

 

mixhostへのワードプレスの移転とssl化は簡単?

※以前、「mixhostのレンタルサーバーはSSL化やアダルトに一番おすすめ!」という動画にてmixhostを利用したワードプレスの移転・ssl化の手順を紹介していきました。

実際にワードプレスの移転・ssl化を済ませた感想としては、簡単という余裕過ぎでしたw

ただ、移転している最中にいくつか不具合というか不安が出てきたポイントがあったので、そのポイントを画像などを使って解説していきたいと思います。

 

まずはmixhostのスタンダートプランの登録を済ませよう!

まずはmixhostのスタンダードプランの10日間無料お試しに登録を済ませます。アフィリエイトを始めたばかりとか、運営しているワードプレスの数が少ない場合はスタンダートプランで十分です。

ワードプレスの数が増えてきて、容量が大きくなった時はケースバイケースでプレミアムにプランを変更できます。

変更する際には最初に登録するよりも余分にお金を取られるか心配になるかもしれませんが、スタンダートプランで支払った分が引かれてプレミアムに移行されるので、特に追加でお金を支払う必要はありません。

スタンダートプランの「お申し込み」からサブドメインを決めて、あとは個人情報の入力を済ませばお申し込みが完了となります。

※サブドメインは基本使わないので、ドメイン名は何でもいいですね。

 

mixhostへの登録完了後は「WordPress移転代行サービスお申込み」へ!

 

mixhostへの登録が完了すれば、次は「WordPress移転代行サービスお申込み」へ進みます。

手順としては「ご契約後のお問い合わせ」からメインのメールアドレスを利用して、上記の内容を記載のうえ、送信の完了済ませます。

 

Sponsored Links

 

※過去に一度依頼していたのですが、自分で移転ssl化に一度挑戦しようと断ってしまったので、二度目の依頼となります。

 

 

2度目の申請が原因か分かりませんが、mixhostからの連絡が1週間経過して来ました。この時までは自分が悪いと思っていました・・・。

上記のFTPホスト名や移転作業日を決めたメールを送り返すと、第一希望日に決まりました。

実際に作業移転日に遅れることなく、その日にきっちり移転・ssl化を完了して貰いました。

 

 

その後はメールの通り、hostsファイルを変更して動作確認を完了して問題がなかったのでネームサーバーの変更を完了しました。

ただここで何点か疑問点や不具合が生じてきたのです。

 

mixhostへワードプレスの移転・ssl化する過程での疑問点や不具合とは?

まず、疑問点ですが、ワードプレスをssl化するとurlが「http」から「https」に変わります。

ただ、すぐに「https」に反映される訳ではありません。大体24時間〜72時間反映を待つ必要があります。

そこで、本当に反映されるのか不安になったので、一度確認のメールを入れました。

 

 

その他にも、「ワードプレスのurl自体変更をする必要はないのか?」といった疑問が浮上したので、その疑問もmixhostへ連絡をしました。

 

※上記はネットで調べた結果、リダイレクトが完了しているので、特にurlを変更する必要がないと思いました。

301リダイレクトが完了しているかどうかは「リダイレクトチェック」で確認することができます。

 

また、その間にワードプレスにログインはできますが、反映を待つにつれてなんと「http」と「https」の両方のワードプレスにログインできるのです。

この時、どちらのurlでログインして記事を更新すればいいのか?といった疑問が浮上したのです。

反映されている途中はhttpsでログインしても急にhttpにに切り替わったりするので、移転が初めての自分には混乱しました。そこで、さらにmixhostへ連絡しました。

 

※答えは「https」が今後メインになるので、「https」でログインできる場合は「https」をメインに記事更新しましょう。できない場合は別にメモ帳に記事を保存して反映されるまで記事更新を待った方がいいです。

 

ただ、この時に思ったのですが、私に付いた担当者はレスポンスが非常に悪いということです。2〜3日経ってようやく返事が返ってくる状態でした。

ただ、担当者が途中で変わったことで、レスポンスの速さが明らかに変わったのでよかったです。

 

 

mixhostからもリダイレクトが完了しているという連絡がきたので安心できますね。

リダイレクトが完了して約72時間が経過したくらいに完全にurlがhttpsに切り替わりました。

ただ、当ブログを色々確認した所、いくつか画像が反映されていない記事があったのです。

計10記事ほどみつかって、掲載している画像が残ってるか確認したのですが、全く見つからないものもあり、これはめんどい!と思って再度画像もしっかり反映させてもらえるかを連絡しました。

 

 

すると、欠損している画像ファイルの全てを復旧してもらえました。修正・レスポンスも担当者が変わって圧倒的に早くなりましたね。

 

 

エックスッサーバーからmixhostへ変えて良かった?

mixhostのデメリットは正直全く見当たりません。唯一挙げるとすれば、mixhostは2016年6月から運営されているので、実績としてはまだ浅い方になることですね。

とはいっても、途中から担当者が変わって対応も非常に良く、ワードプレスの移転・ssl化が完了した時にはmixhostを選んで良かったと思いました。

他の方がmixhostへ移転させた口コミなども調べても、「移転後に不正アクセスのログがあったので、mixhostへ問い合わせた所、マルチウェアスキャンしてもらえた」といった評判もありますね。

特にワードプレスを作るのに最初のサーバー選びで迷ってる方はmixhostをおすすめしますし、最初から無料でssl化も利用すると良いですね。

ちなみに、mixhostはアダルトアフィリエイトでも利用可能なので、少しアダルトチックな文言の表現も可能になります。

 

 

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

【著者のプロフィール】 就職浪人を1年して内定した会社を半年で辞めブログで独立。人脈なし金なしから主にブログやサイトで1年後に月収100万円達成。2019年はSNSと動画マーケティングに力を入れていきます。最新の実績やビジネス情報はLINE@またはメルマガ登録者限定で配信しています。(詳細は記事下)