ラッキーバンクの評判は怪しい?返済遅延や赤字で貸し倒れリスクも?

【著者のプロフィール】

就職浪人を1年して内定した会社を半年で辞めブログで独立。人脈なし金なしから主にブログやサイトで1年後に月収100万円達成。2019年はSNSと動画マーケティングに力を入れていきます。最新の実績やビジネス情報はLINE@またはメルマガ登録者限定で配信しています。(詳細は記事下)

【要チェック】この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

どうも、うぇぶ太郎です。ラッキーバンクでは安定感を求めて不動産担保を独自に、厳格に審査した案件しか取り扱いません。

またそれらの案件は利回りも高く、初めて投資を行うという人にも無料で口座を開設することができ、簡単に始められます。

少額のお金からでも始められるので様々な一人に資産運用のチャンスが回ってきます。そんなラッキーバンクのソーシャルレンディングを見ていきましょう。

 

※ラッキーバンクは100億単位で利息の返済が遅延する事件が起きました。最後までお読みになったうえでラッキーバンクへのお申込みをおすすめします。

 

Sponsored Links

ソーシャルレンディングでラッキーバンクの特徴

国内のソーシャルレンディング会社の中でも特に不動産に注力したサービスを行っている会社です。

主に関東、東京23区や千葉、神奈川他は埼玉などの案件を扱っているようです。

 

会社概要

会社名はラッキーバンク・インベストメント株式会社です。設立日は平成2014年5月1日、資本金2億円、業務内容はソーシャルレンディングです。

所在は東京都中央区八洲1丁目1番3号、壽ビルF9になります。電話番号は03-6262-3477です。

2016年8月にライフバンクを運営しているラッキーバンク・インベストメントが不動産市場への進出のため、LBIリアルティ株式会社を設立しています。

これにより投資家がより柔軟に投資できる形を確保しました。なんとサービスを始めてたった2年という月日で集めた投資金額が50億を超えました。

 

少額投資からの投資と高利回り

投資先が不動産になるということは案件が非常に安定感を持つという事になりなります。口座を作る事は無料でできます。しかも高い利回り一年で6%から10%が見込めます。

これは国籍などと比べても高利回りです。

※扱う案件により利回りが変わる時があります。しかもその配当は基本毎月分配されることが約束されています。ご自身の生活サイクルに合わせた資産運用が可能です。

※上記についてですが、決まった期日より前に一括償還が行われる時があります。そのようなケースですと、利息利益は期日償還日に合わせて再び計算されます。

そして小口のお金でスタートできるのが良ポイントです。

近年では銀行の金利も低いです。そこで資産を増やしたくて株などに手を出したいと考えている人も多いでしょう。

しかしそこにハードルの高さを感じている方、新しい資産運用の手段を探している方はラッキーバンクのソーシャルレンディングがお勧めです。

 

リスクヘッジ

投資など行うときに一番に考えるのはおそらくリスクの事でしょう。ラッキーバンクではそのリスクをなるべく軽減されるようにしてあります。

それは取り扱っている全ての金融商品に不動産担保が設定されているからです。これにより株やFXなどに投資するよりリスクが低いと言われています。

ソーシャルレンディングを活用する人、特に不動産を商品として扱う場合に担保があるかないかは非常に重要です。

 

ソーシャルレンディングには担保がある

担保があれば、保全面で融資した事業先が返済や利払いが延滞を起こすような事になっても担保権を行使し、保全を行ってくれます。

不動産もあくまで人のお金で仕事をさせてもらっているという気持ちを持ち、厳しい基準で専門性の高い知識をもった不動産のプロが選んでいます。

このように株やFXほどリスクが発生しないのでなるべくリスクを減らして資産運用を考えている方にはうってつけです。

そして、お金を借りたいと申し込んできた人の審査も厳密に行っています。

不動産担保にしてもただ担保がつくというわけではなく、その不動産担保の立地、大きさ、利益性などのソースを基に保全性が十分にあるかしっかり調査しています。

 

事前質問が可能!

また投資前に不安があれば、気になる金融商品に対して質問ができます。大切な資金ですから事前にこういう質問ができるのはありがたいです。

ソーシャルレンディングでは投資したい人と投資を受けたい人をネット上で引き合わせる事で高い金利を生みだす仕組みです。

さらにラッキーバンクはこのシステムを活用しつつ、国内の不動産を専門で扱う事により効率のよい資産運営を実現しています。

 

ラッキーバンクは高利回りが可能!

利回りが最大1割超とソーシャルレンディングを行っている会社の中でもラッキーバンクは高利回りです。

最近では良い条件、つまり高利回りの金融商品はすぐに数日で売り切れるほどのようです。もしラッキーバンクで資産運用を考えている方がいるのなら、すぐに無料の口座だけでも開設しておくべきでしょう。

2020年には東京オリンピックが開催されますので、必然的に不動産も活性化されるでしょう。

すでに関東ではこのオリンピックというビックウェーブに乗ろうと、高利回りの魅力的な案件が出回っています。

 

気軽に投資

口座開設からその維持、取引手数料が無料。最短3分で登録可です。投資費用も無料ですので気軽に投資ができます。

注目度が高いおいしい案件はすぐ売り切れてしまうので、口座を作成しておき、常に公式サイトをチェックしておくことで、資産を大きく増やすチャンス案件をゲットしましょう。

そして最低投資金額は6万円と低く、自分で適切にリスク管理をしながら投資が可能なのも大きな特徴です。

投資などに慣れてない人がいきなり100万円など高額から投資するのは大変困るでしょう。ですが6万からと小口なら大怪我することはありません。

 

ソーシャルレンディングでラッキーバンクの口コミや評判

Sponsored Links

以下はラッキーバンクの生の口コミや評判となります。ラッキーバンクに対して怪しいと思っている方は必見です。

 

51歳ラッキーバンクの保全性に感銘した男性

「ラッキーバンクさんは案件などに質問ができて内容がよく理解できたので、よその会社がやっているソーシャルレンディングの中からラッキーバンクを選びました。

ネットで取締役社長の田中翔平氏の発言や経営理念を知ることができたのも、信頼するに値するなと感じました。

投資で怖いのは何よりもリスクです。不動産担保がある案件ばかりのラッキーバンクはその面では安心感があります。

日本は諸外国に比べて個人投資家などの数の母数自体が少なくもっと活発になっていいものだと常々私は思っていました。

金利が良いということはそれだけリスクも高まりますが、リスクが高い分だけ社会には必要な行為です。

今後も不動産担保つきの安全な投資形態を維持していってもらいたいです。」

 

68歳退職金の運用に頭を悩ませていた男性

「会社を定年退職になり、第二就職をしたのですが持病の腰痛が悪化し、辞めることになりました。

退職金だけでは残りの人生暮らしていけるはずもなく、かといって銀行に退職金を預けたままでもたいして金利は高くないので儲けにもなりません。

そこで株を買ってみたのですが、なにしろ資産運用は素人なものですぐに100万円の損失を出してしまいました。

もう運用はやめようと考えていたところ、ラッキーバンクでソーシャルレンディングという資産運用があることを知りました。

最初は10万円ほどから始め、おかげさまで毎月確実に配当がもらえ、生活に潤いが出始めました。やってみて良かったです。」

 

32歳はじめて資産運用をしてみた女性

「子供を有名私立にいれたため、養育費がかかり、なんとか貯蓄を増やせないかと思っていた時期に出会ったのがラッキーバンクのソーシャルレンディングでした。

株などはそれ相当の知識が必要で、ある程度の高額な投資額も必要なイメージがあったので、手を出せずにいました。そんな時にネットで知ったのがラッキーバンクでした。

少し知識を仕入れるだけで小口から投資する事が可能で、貯金を殖やす事できるということを知りました。

数ヶ月で貯金しているだけのほとんど金利がつかない銀行のお金がなんと数十倍になりました。ほんとうに信じられないことです。

今ではすっかりPCの前に張り付いて、毎日良い案件がないかと虜になってしまっています。」

 

45男性銀行の金利の低さに絶望していた男性

「銀行にお金を預けたところで金利はほとんど0。通帳を見るたびにため息が出ていました。特に不景気でボーナスが出なくなってからというものの、辛い日々続いていました。

そこで新しい事にチャレンジしようとソーシャルレンディングを始めました。ネットでの評判で利回りが高いと言われているラッキーバンクを選びました。

ラッキーバンクは全てが不動産案件という安定感も私を後押ししてくれました。始めは8万円ほどからでしたが、今では投金額を増やし百万円単位で投資しています。

なんといっても不動産担保による保全性の高さがラッキーバンクに投資を続けられている理由です。心に余裕ができます。」

 

※ラッキーバンクで資金が増えた方は高利回りの誘惑に乗ってしまい後々投資をした方の資金が過去の利回りに配当されていたのでしょう。

 

ラッキーバンクが返済遅延で詐欺罪確定?

参照元:https://ipomechanic.com

※ラッキーバンクに投資した方が支払い遅延・延滞により悪評を記載しています。

ラッキーバンクが完全にやらかしましたね。個人で数百万円単位で投資していた方々が返済遅延で元本割れしている方が大量発生しています。

全体で100億円規模の返済遅延が予想されていますね。2018年の始めの方では金融庁から業務改善命令の行政処分が命じられ、3月からラッキーバンクは新規申し込みの受付を停止しました。

なんと、ラッキーバンクが取り扱っている案件の約三分の一(約180件中120件)が返済遅延を引き起こしているのです。

そもそもラッキーバンクの経営陣の写真が途中で消されたり、設立が浅くて資本関係自体が不透明という時点でかなり怪しいです。

つまり、高利回りという甘い言葉に騙されて多額の資本を投入した方が大半だといえます。

一時期、ラッキーバンクに対してはすっからかんの助氏を筆頭に被害者の会が設立されていました。※2018年5月末で被害者の募集停止

ラッキーバンクではすべての案件に不動産担保が設定されており、しっかりと実行されれば元本の2~3割りの欠損で済むといわれていますが、査定額が実際に正しいのかどうかは不明です。

 

ラッキーバンクが貸し倒れする可能性

ソーシャルレンディングの業者は過去3年間において、貸し倒れ率が2018年の頭の時点で約1%弱となります。

ただ、ラッキーバンクは支払い遅延を引き起こしており赤字の状態となっています。ですので、今後ラッキーバンクは貸し倒れを引き起こしてしまう可能性があります。

担保が売却されても、返却先には優先順位が付けられますので、優先順位が低いと大きく元本割れしてしまうかもしれません。

ラッキーバンクに申し込む場合は根抵当権順位を事前に確認した方がいいですね。

 

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

【著者のプロフィール】 就職浪人を1年して内定した会社を半年で辞めブログで独立。人脈なし金なしから主にブログやサイトで1年後に月収100万円達成。2019年はSNSと動画マーケティングに力を入れていきます。最新の実績やビジネス情報はLINE@またはメルマガ登録者限定で配信しています。(詳細は記事下)