起業家は恋愛して彼女を作り息抜をする?成功は一点突破が大切!

【著者のプロフィール】

就職浪人を1年して内定した会社を半年で辞めブログで独立。人脈なし金なしから主にブログやサイトで1年後に月収100万円達成。2019年はSNSと動画マーケティングに力を入れていきます。最新の実績やビジネス情報はLINE@またはメルマガ登録者限定で配信しています。(詳細は記事下)

【要チェック】この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

どうも、うぇぶ太郎です。私は恋多きブロガーの1人だと思いますので、自分で事業しつつ恋愛とどのように向き合っているのかや、他の起業家の恋愛事業などを紹介していきたいと思います。

まず、私は4年間くらい色々な起業家の方とお会いしてきましたが、皆さん恋で悩むところを見たことがありませんw

率直に恋愛で悩む時間があるなら仕事に思考時間を費やした方がいいということが挙げられますね。

私自身はどちらからというと恋愛も楽しみたいタイプですが、やはり、女性にうつつを抜かしていると、間違いなく仕事に集中できない時があります。

特に失恋した時はメンタルがやられてしまうので、全く仕事に集中できなくなることもありますね。

Sponsored Links

 

起業初期の方は間違いなく恋愛しない方がいい

起業する時は皆さん”絶対に成り上がってやる!お金持ちになってやる!”という気持ちが強い方も多いでしょう。

ですが、人間の心は弱いもので、確固たる意志がないとすぐに誘惑に負けてしまいます。

例えば、起業してまだ軌道に乗っていないにも関わらず、同期の飲みに誘われてつい飲みに行ってしまったり、女遊びにはしってしまうことがあります。

ただ、軌道に乗っていない時は、どんな遊びをしていても正直楽しくないですw

むしろ、仕事のことが気になって遊びに集中できなことが多々あります。ですので、恋愛なんて楽しみ余裕が全くありませんでした。

私の知り合いで某大手企業から独立した方も長年付き合っていた彼女と別れて起業したと話していました。

20代から高収入を確実に得られる会社を捨てて、さらに彼女と別れてまで起業するのは気合が凄いですよね。

やはり、起業初期は恋愛を捨てる覚悟で仕事に集中しないと、成功まで時間がかかってしまう可能性が高いです。

ちなみに、男性は恋愛をしてしまうと脳が麻痺してしまいチンパンジー並みの思考力になるとメンタリストのDAIGO氏が話していました。

完全に脳科学にはなりますが、一理あると思います。恋愛で悩んでいる方はメンタリストDAIGO氏のyoutubeも非常に参考になりますね。

 

起業家は皆恋愛してないの?

個人的な感想ですが、成功している起業家は大体恋愛にどっぷりはまってる方を見たことがありません。

つまり、仕事が一番で仕事が好きな自分を支えてくれる彼女を探してる感じがしますね。逆に恋愛やキャバクラ遊びとかにどっぷりハマってる方は売上が横ばいまたは下がってる方も見られます。

キャバクラはまじで浪費でしかないですねw

 

浪費癖で後悔!寂しさや見栄が酒や物欲の依存症を高める?

 

メンヘラ体質の男性が起業する場合は、しっかりと自己分析をしたうえで起業した方がいいですね。

すぐに女性にハマってしまい仕事に集中できない方は、女性との出会いの場に行かないとか、そいうった場に行っても一時的な息抜きと割り切ることが大切ですね。

恋愛は恋愛として割り切れる方は問題ないと思いますが、割り切れない方は割り切れるように努力することも大切です。

人間いつどこで恋に落ちてしまうのか分からないので、そういった状況に合わせられるように思考を鍛えなければなりません。

 

息抜きとして恋愛を楽しむ時はアゲマン女を見つけよ

「私はサゲマンだろうとどんな女性の扱いも慣れている」という方は、息抜きに恋愛を楽しめると思いますが、もし恋愛下手がサゲマンと付き合うと大変です。

女性に自分の感情を振り回されて全く仕事が手につかないこともあります。そうならないためにも、姉さん女房タイプまたはアゲマンの女性と恋愛を楽しんだ方がいいですね。

どんな女性かといいますと、例えば、仕事よりもその女性とのデートを楽しんでしまってるときに、「私よりも仕事に集中して!」とか言ってくれる女性は仕事にも良い影響を与えますね。

感情表現が下手でメンヘラ気質の女性と付き合うのは本当に大変です。何かあるとすぐに病んでしまって「別れよ!」とか言う女性は、完全に起業家、特に起業当初の方からすると、ストレスでしかないですね。

※女性の方が読んでましたら申し訳ないです。

 

そもそも起業家ってモテて彼女作れるの?

そもそも起業家の収入は人それぞれですよね。年間1000万稼ぐ方もおられば、年間数億稼ぐ方もおられます。また、仕事の内容も個々によって全く違ってきます。

貿易関係の方もおられば、広告関係の方もおられます。ブラックまたはグレー系で大金を稼いでる方もおられます。

ただ、共通していえるのは、一番女性から見られるのは当たり前ですが数字ですね。ルックスがいい事には越したことないですが、起業家はいくら稼いでいるのか女性は物凄く気にしています。

特に夜の仕事をしている女性はめちゃめちゃ気にしてきますw

Sponsored Links

ですので、夜の女性を落としたい、または彼女にしたいっと思ってる方はまうはお金を稼ぐことを優先した方がいいですね。

やはり、年間億稼ぐ起業家で風貌もイケイケの方は圧倒的にモテます。

 

起業家の恋愛と結婚事情について

起業家の結婚初期はかなり遅い傾向にある気がします。もしくは、20歳くらいの時に結婚してしまってバツイチの方も結構おられる気がしますね。

私は結婚寸前までいって婚約破棄してしまった経験があり、その後は全く恋愛が出来ていません。少し恋愛には億劫になってしまった気がしますw

 

婚約破棄の男性がその後は後悔?30代は不安と幸せと狭間に!?

 

とはいっても、20代前半に結婚して20代後半にして今や大社長と呼ばれる方もおられます。

ただ、起業家全般にいえることは、皆さん遊ぶ時は飲みっぷりが凄いので、遊び方も半端ないことが挙げられます。

ですので、女性も起業家側がお酒を飲みにいくことに対して慣用的な性格な方いいですね。束縛が激しかったり嫉妬心がヤバい女性は長続きしない傾向にあると思われます。

また、起業家の方はプライドが一般のサラリーマンの方よりも高い傾向にあるので、女性選びもシビアになっています。それほど仕事と自分に自信を持っている方が多いですからね。

 

愛だけでは生きれないことを自覚しよう

厳しいことをいうと、お金がない起業家はニートほぼ同じ扱いになれます。社長なんて、20~30万あれば、誰でも法人登記をして社長を名乗ることができます。

ですが、世の中稼いでない社長さんも沢山います。日本の起業家が成功する確率ですが、10二人に1人と言われています。大体15%くらいになりますね。

つまり、残りの10人に9人が破産また、廃業に追い込まれてるのです。ネットや実際にお会いした経営者はやはり起業当初は寝る間も惜しんで仕事ばかりと見たり聞いたりしていました。

特に起業時期が遅い方は焦った方がいいですね。起業時期が遅くて失敗してしまうと、金銭面だけではなく時間的なコストも非常に高くなってきます。

10代後半で起業に失敗するのと、30代後半で起業に失敗するのとでは、再就職とかもリスクが高くなりますが、ますます恋愛とか結婚から遠のいてしまいます。

 

息抜きは恋愛だけではない

息抜きは何も恋愛だけではありません。恋愛をして女性とデートをすると食事代とかも支払わなければなりません。男性が全部支払うとなると、1回のデートで1万近くまたはそれ以上支払わなければなりません。

毎週1回のペースで女性とデートをしていると、月4回はデート費が必要になります。1回のデート費が平均して15,000円となると、月6万円のデート費が必要となります。

月6万は下手すると家賃1ヵ月分くらいになります。月6万も恋愛するためにデート費をかけるなら、息抜きに1回5000円くらいの遊びを楽しんだ方がいいですね。

1回5000円の範囲内の交際費となると、中々難しいですが、息抜きする周りのメンツをケースバイケースで変えていくと、抑えられることも可能です。

 

女性との恋愛を楽しむ前に人脈作りも大切

起業する前から人脈があればいいですが、独立して人脈なし金なしの場合は、息抜きに恋愛を楽しむよりも人脈とか先輩経営者と知り合う努力をして、スゴ腕社長から色々な知識や人脈を吸収した方がいいです。

恋愛して毎月6万もデート費に使う余裕があれば、その費用を先輩経営者とお酒を楽しく飲む方が断然有意義な時間となります。

あらゆる業界の最新情報や起業家の知識・マインドを吸収することができます。ただし、飲み過ぎは要注意です。

お酒にお金を使い過ぎで金欠になってしまうのは、事業を継続するうえで致命傷を負ってしまうこともありますので、税金関係とか全てを考慮しつつ毎月の交際費を設定するのがいいですね。

 

結論は恋愛を後回しにしよう

女性が原因で人生が変わった男性も沢山おられます。

2年程までにキャバクラで出会ったキャバ嬢2人と久しぶりに会って4人くらいでバーで飲んでいた時の話ですが、1人のキャバ嬢がコツコツお金を溜めていたサラリーマンの方から1000万直に自分の銀行に振り込まさせたと話していました。

そのサラリーマンがどっぷりそのキャバ嬢に恋をしてしまって、まんまとお金を使わされたそうです・・・。

そのキャバ嬢は昔からキャバクラで働いていたとかではなく、居酒屋でアルバイトをしていたバツイチ子持ちの女性でして、性格も全くキャバ嬢に染まっていませんでした。

ですが、2年経過して、久しぶりに会うと風貌もキャバ嬢のようなギャルのような恰好に変わっていて、まさに人をお金でしか見れないようなタイプに大変身していましたw

これは1例ではありますが、恋愛をして悪女のような女性にハマってしまうと起業所ではなくなるので、恋愛と起業と割り切れない方は、仕事の一点集中をした方がいいですね。

 

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

【著者のプロフィール】 就職浪人を1年して内定した会社を半年で辞めブログで独立。人脈なし金なしから主にブログやサイトで1年後に月収100万円達成。2019年はSNSと動画マーケティングに力を入れていきます。最新の実績やビジネス情報はLINE@またはメルマガ登録者限定で配信しています。(詳細は記事下)