携帯紛失でコインチェックの2段階認証の解除法!予防や対策も必見!

【著者のプロフィール】

就職浪人を1年して内定した会社を半年で辞めブログで独立。人脈なし金なしから主にブログやサイトで1年後に月収100万円達成。2019年はSNSと動画マーケティングに力を入れていきます。最新の実績やビジネス情報はLINE@またはメルマガ登録者限定で配信しています。(詳細は記事下)

【要チェック】この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

どうもうぇぶ太郎です。過去に久しぶりに飲み過ぎて携帯を紛失したので、「仮想通貨取引所の二段階認証や不正ログインの制限などがどうなるのか?」について紹介していきたいと思います。

当時はコインチェックにてリップルに100万円を投資したばかりだったので、翌日携帯が紛失したことに気づいた時は絶望でしたw笑ってやってくださいw

 

仮想通貨は今後もリップルが狙い目?バブル崩壊の大損でガチホ終了?

 

ですが、今の所、コインチェックに関しては2段階認証の解除と再設定が可能なので、その手順を備忘していきたいと思います。

ただし、海外が運営している仮想通貨取引所は少し再設定までに時間がかかるそうなので、やはり事前に2段階認証を忘れた時のためにしっかりと事前に対策を打っていた方がいいですね。

海外の仮想通貨取引所場合、最悪の場合は再設定に数ヶ月かかる時もあるそうです。

 

Sponsored Links

コインチェックで仮想通貨の2段階認証システムを解除する方法

国内の仮想通貨取引所として初心者におすすめできるコインチェックの場合は「Google Authenticator」と呼ばれるGoogleが提供している2段階認証システムを利用します。

 

私はリップルをコインチェックで100万円分を購入したので、飲んだ次の日に顔を真っ青にしながらコインチェックに問い合わせをしました。

 

※そもそも解除よりも先に不正利用されないように制限してもらうように問い合わせるのが正解、、、まだ二日酔いでしたね。

 

とりあえず焦りまくったので、二日酔い状態のままで、問い合わせを完了させました。土日だったので、返信が月曜日になるだろうと思っていました。

ですが、思ったよりも返信が早くて、翌日の日曜日に返信がきました。

 

 

「お!2段階認証の解除の手続きができるということは解除ができるの!?」と少しほっとしたしました。

とはいっても、紛失した携帯が悪用されて資金を不正利用されるのだけは回避したいので、とりあず、不正利用の制限をしてもらうようにメールを送ろうと思ったのですが、ここで少し疑問が浮上しました。

 

「2段階認証が解かれて携帯を買い替えるまでに、ハッカーに不正利用されるのでは?」

 

そこで、以下のメールを送りました。

 

 

すると、以下のメールが送られてきました。コインチェックのレスポンスは非常に早いです。

 

Sponsored Links

 

つまり、2段階認証の解除はコインチェックの方でしてくれますが、それと同時に、アカウントにも制限をかけてくれるので、安心して携帯を買い替えることができるのです。

そして、実際に携帯を買い替えて、コインチェックにログイン・・・すると、

 

「よっしゃー!投入したリップル100万が無事だった!」

 

ということで、再度コインチェックに2段階認証でロックをかけました。

 

binanceなどの海外取引所の2段階認証の解除方法

また、binance(バイナンス)などの海外の仮想通貨取引所でも2段階認証を設定していたので、「果たして解除できるのか?」とかなり不安になりました。

ですが、binanceの場合は、まだ本人確認をしていない段階で2段階認証をしていたので、新規メールアドレスでbinanceに登録し直しました。

ただ、binanceといった海外取引所であっても、基本的には以下の定型文をお問い合わせセンターに送れば2段階認証を解除してもらえるでしょう。

 

件名:2FA Removal

 

本文:

I lost my device

 

添付ファイル:

セルフID(免許書と自分の顔が写った写真)

 

以前、テストで海外取引所に対して、日本語でbinanceへ問い合わせた所、英語で返答が返ってきました。

やはり、海外では日本語のサポート的な立場の方がまだ完備していないので、海外取引所には英語で問い合わせる必要がありますね。

 

そもそも仮想通貨取引所で2段階認証は必要なの?

仮想通貨取引所は思った以上にハッキングされて何十万円・何百万円とハッキングされている方がおられます。

ですので、どんな仮想通貨取引所でも2段階認証は確実に設定した方がいいです。2段階認証の方法は取引所によって変わってきます。

2段階認証は「Google Authenticator」が強固であり、コインチェックの他にもザイフやビットフライヤーも取り入れられていますね。

※2段階認証システムは「Google Authenticator」の他にも設定したメールアドレスや SMSの確認による方法もあります。

今後は携帯を紛失したとしても、再度2段階認証を設定しないように予防と対策をして置く必要がありますね。

 

携帯紛失に対する2段階認証の予防と対策とは

検体紛失に対する2段階認証のバックアックの方法ですが、個人的におすすめは、以下の3つが挙げられます。

 

・2段階認証のQR画像をキャプチャーして印刷する。そして、キャプチャーした画像は保管する

 

・キャプチャーした2段階認証のQR画像をパスワードをつけてzipファイル化する

 

・キャプチャーした2段階認証のQR画像をパスワード付きのUSBメモリーに保存する

 

PC内にキャプチャーしたQR画像はハッカーによって盗み取られてしまう可能性があります。ですので、できる限り外部に保存するようにした方がいいですね。

まだ、私の場合は現時点では130万円しか仮想通貨に投資していないので、それ程額がでかくないので、ひとまず、キャプチャーした画像を印刷して保存するようにしています。

 

2段階認証をする際の注意点

IIJ SmartKeyアプリといったアプリでは2段階認証の情報を他の端末にも移行させるアプリですが、取引所によっては移行させられない所もありますので、注意が必要ですね。

また、携帯を2台持ちしているからといって、他の1台がなくなった時、再度新しい携帯を契約した場合には、その新規で契約した携帯には2段階認証を設定することができません。

ですので、個人的にはキャプチャーしたものを保管することをおすすめします。

 

 

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

【著者のプロフィール】 就職浪人を1年して内定した会社を半年で辞めブログで独立。人脈なし金なしから主にブログやサイトで1年後に月収100万円達成。2019年はSNSと動画マーケティングに力を入れていきます。最新の実績やビジネス情報はLINE@またはメルマガ登録者限定で配信しています。(詳細は記事下)