仮想通貨の大暴落の原因や理由とは?対策すれば逆にチャンス!

【著者のプロフィール】

就職浪人を1年して内定した会社を半年で辞めブログで独立。人脈なし金なしから主にブログやサイトで1年後に月収100万円達成。2019年はSNSと動画マーケティングに力を入れていきます。最新の実績やビジネス情報はLINE@またはメルマガ登録者限定で配信しています。(詳細は記事下)

【要チェック】この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

仮想通貨の歴史的な大暴落を経験して、個人的に思ったことは、一度各通貨の最高値で利確して、次回の大暴落時に再投資するのも、投資の手法として有効だと思いました。

 

仮想通貨の大暴落は色々な要素が重なり合った結果、起きたと思われます。ですが、今後も大暴騰と大暴落は繰り返し起きると思われます。

 

さらに、今後大口が益々参入してくると思われますので、大暴騰と大暴落のボラティリティが以前よりも大きくなると思われます。

 

Sponsored Links

 

仮想通貨大暴落の原因や理由

仮想通貨が大暴落した原因としては以下が考えられます。とはいっても、あくまで参考程度にお願いします。

 

相場のプロでも、仮想通貨の相場がどうなるかなんて分からないでしょうw

 

出川組から参入した方は、出川ショックといわれており、以下のコラ画像が流出しておりますね。

 

 

2018年組は放置しても資産を数倍にすることは可能だと思いますが、頭を使って投資していかないと淘汰される年でもあると認識しています。

 

古参組が利確している

2017年の頭頃から仮想通貨をしている方は、ビットコインが10万でリップルだと0.数円単位といった非常に安い価格でした。この頃は「仮想通貨なんて詐欺だ」といった声が非常に多かったですね。

 

ですが、2017年の頭から10万円でも投資すれば、それだけでも爆益を手に入れることができました。

 

2018年に入ってさらに倍々に資産が増加したことで、ある程度の層が利確し始めたことも、価格の下落に関係していると思いました。

 

古参の利確は今後もある一定の価格でされると思われますので、上昇する中で価格がヨコヨコで推移している場合は、こういったことも関係していると頭に留めておきます。

 

狼狽売りが以上に多い

2018年に入ってから仮想通貨に投資しようと熱心になっている方も増えていると思います。

 

とはいっても、現在参入してきている方は、友達から「リップル買った方がいいよ」「ネム買った方がいいよ」といったように、なんとなく儲かる購入した方が多いと思います。

 

つまり、各仮想通貨の役割とか開発状況、どういったメンバーが開発や広報に携わっているのか、という仮想通貨のバックグラウンドを理解しない状態で購入している方が非常に多いとういことです。

 

その結果、「稼げないじゃないか」とすぐ判断してしまい狼狽売りしてしまう日本人が圧倒的に多いと判明しました。

 

 

仮想通貨はチューリップバブルとかそういった類とは全く違う部類だと思っています。ですので、投資するものはしっかりと理解したうえで投資しないと、すぐに狼狽売りしてしまいますね。

 

政府や企業といった大口の参入

個人的に上記の数値はTwitter民といったITリテラシーの高い方が投票している可能性が高いです。それでも6%という数値なので狼狽売りしている方は世間一般的に高い数値かもしれません。

 

ですが、小口の狼狽売りが原因で歴史的な大暴落が起きることはまず難しいといえます。つまり、大暴落の原因は大口と関係していることが非常に大きいといえます。

 

 

つまり、大口がショートで焼いて、低価格の所を大口が再度買うといった、もはや荒技が原因かもしれないのです。

 

仮想通貨のマイナス材料で暴落

また、中国政府や韓国政府、さらには中東圏でも仮想通貨の取引に対して規制するかどうかといったニュースが流れていますね。

 

 

こういった規制が原因で、価格が大暴落することもありますが、各国の政府による仮想通貨の規制のニュースはインサイダー取引または価格操作している可能性も考えられます。

Sponsored Links

 

特に韓国政府にの規制に関しては、お偉いさんがインサイダーで、儲けたといったニュースも流れていますね。事実は分かりませんが、大暴落の原因の1つとして考えられますね。

 

 

こういった大暴落は事前に予想して、対策を立てておくことで、大暴落が起きても逆に投資のチャンスへと変えられます。

 

 

個人的な大暴落の対策とは?

 

リップルが20〜30円くらいの時から一気に300円前半まで価格が暴騰したのはまだ記憶に新しいと思います。

 

なんと、たった1ヶ月で暗号通貨市場が37兆円から93兆円へ3倍も拡大したのです。市場は暴騰と暴落を繰り返して大きくなっていくのがセオリーだと思っているので、近い内に必ず大暴落がくると思いました。

 

仮想通貨資産も2000万円以上に達したので、1000万ほど利確しようかと思いました。ただ、リップルに対する想いが強くなってしまったのが原因で、全く利確しませんでした。

 

その矢先に歴史的な大暴落が実現・・・。この暴落で学んだことは、ある程度の利確そして、再投資することが、最速で億り人へ近づけると実感しました。

 

回転用とガチホ用の資産を分ける

リップルを購入したのが20〜30円くらいと比較的に安い価格の時に購入しました。こういった安い価格で購入したか仮想通貨はガチホしたくなりますし、こういった感情も含まれてしまうので、利確のタイミングを見失ってしまいがちです。

 

ですが、数千万円単位で資金ができれば、かなり投資がしやすくなります。以下の記事の「仮想通貨は資金力が勝負」という項目も記載しています。

 

 

仮想通貨資産が0,1〜2億り人に!100倍銘柄で数十億を目指す!

 

正直、リップルに関してはガチホで2年ほど利確したくありませんので、その他の仮想通貨でトータル3000万近くになった時に利確を検討しています。

 

その時は税金分と生活費分しっかりと抜いたうえで再投資をしていきます。現状の仮想通貨で稼ぐには税金をしっかりと考慮しないと、次の時に破産してしまうリスクがあります。

 

仮想通貨の税金対策の実情やタイミング!利確でバレる?デビットカードが有効?

 

現状は仮想通貨資産の方が大きくなっており、再投資可能な円があまりないので、チャンスの時に指を加えて見ている状態になっています。

 

ですので、円を含めたポートフォリオの構成は重要だと身に染みて感じました。

 

大暴落の次は大暴騰!?

多くの方は大暴落した後にもう以前のような高い価格へ戻らないかもと不安になっているでしょう。私も今回のような大暴落は初めてで、さすがにかなり動揺しましたw

 

ただ、個人的には現状バブルも始まっていないと思っていますので、まだまだ価格の最高値の更新はあり得ると思っています。

 

各国が仮想通貨を規制すれば、仮想通貨の投資を始めたい国民達の行動は反対行動に出るしょう。

 

実際に韓国政府が仮想通貨の取引自体を禁止するニュースの発表後、韓国人が反対デモを起こしたそうで、規制反対請願の署名が20万人以上になったそうです。

 

中国の規制の動向が気になりますが、国民的にはどんな手段を使っても仮想通貨取引を始めると思います。

 

上記は仮想通貨投資家の彼女のコメントだそうです。個人的に中国の方はパワフルな印象が強いので、日本に来て日本の取引所を利用して仮想通貨売買しそうですねw

 

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

【著者のプロフィール】 就職浪人を1年して内定した会社を半年で辞めブログで独立。人脈なし金なしから主にブログやサイトで1年後に月収100万円達成。2019年はSNSと動画マーケティングに力を入れていきます。最新の実績やビジネス情報はLINE@またはメルマガ登録者限定で配信しています。(詳細は記事下)