仮想通貨の税金対策の実情やタイミング!利確でバレる?デビットカードが有効?

【著者のプロフィール】

就職浪人を1年して内定した会社を半年で辞めブログで独立。人脈なし金なしから主にブログやサイトで1年後に月収100万円達成。2019年はSNSと動画マーケティングに力を入れていきます。最新の実績やビジネス情報はLINE@またはメルマガ登録者限定で配信しています。(詳細は記事下)

【要チェック】この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

仮想通貨で最も有名なのはビットコインでしょう。ビットコイン関連のニュースはよく新聞やテレビのニュースで報道されていました。

 

最近世界中を賑わせている仮想通貨について、これを活用して資産を築いている人もいらっしゃるでしょうし、今後資産を築いていこうとしていらっしゃる方も多いでしょう。

 

今でこそメジャーになったビットコインですが、世の中にでたときに安く入手した人はその後の値上がりのおかげで今や資産が数億円にも膨らんだという人だっています。

 

Sponsored Links

仮想通貨の税金対策の実情

資産が増えるのは喜ばしいことですが、資産が増えるということ、収入を得たときにはそれに応じた納税の義務というのが日本にはあります。

 

所得税のように、たくさん稼いでいる人も金額によっては半分が税金として納税しなければならない場合もありますので、仮想通貨の税金事情は仮想通貨に携わっていく以上知っておきたいことのひとつですよね。

 

実は本音ベースでお話しすると、仮想通貨は海外の国の方が先進的で日本はかなりの後進国という形になっています。

 

そしてまだまだ新しい概念であり、政府が仮想通貨に対してきちんと把握し、税金のルールを定め切っていないというのが実情となっています。仮想通貨を扱う場合でも、税金が発生する場合と発生しない場合があるというのです。

 

仮想通貨で税金が発生するタイミング

例えば、仮想通貨を円に換金すると所得として捉えられて、それ相応の税率が課されて納税をしなければなりません。

 

一方で、仮想通貨を円に換金せずに保有だけしている場合には、仮想通貨をもの、所有物として考えるので納税の義務は発生しないことになっています。

 

仮想通貨という名前はついているものの、お金なのか電磁記録としてみなしていくのか、国としての見解も決まっていないので税金についてもまだルールが制定されていないのです。

 

ただし、今世界的にみても仮想通貨の注目具合や普及具合がすごいので、国としても無視するわけにはいきません。検討されているところなので近い将来、しっかりと税金についても制定されていくことでしょう。

 

仮想通貨の税金は利確でバレる?

利確というのは仮想通貨を日本円に換金することを意味します。例えば、仮想通貨を売却して利益を出していく利用の仕方をしている人も多くいらっしゃると思います。

 

ですが、この売却で得た利益は日本では雑所得として扱われることが定められました。

 

この利確をすると、所得を得たというような見方をされるのですね。そのため、所得に応じて税金を納めていくという納税の義務が発生してきます。

 

では、仮想通貨の売却益は黙っていればバレないだろうという方も当然いるでしょう。

 

これは昨今話題になっている副業で得た収入は黙っていればバレないだろうというような議論ともよく似ています。確かに、すぐすぐに黙っていたからといってわかるようなシステムはないでしょう。

 

ただ、あなたの通帳等でお金のやり取りが把握できるようになっていますし、仮想通貨の売却益で高い住宅や外車などを購入すると税務署の方がどうして購入できたのだろう?と不思議に思って調査を行うこともあります。

 

脱税のリスク

実際にはそういったケースで脱税がわかってしまうこともあります。いずれにせよ、日本円にして利確したら所得としてみなされるので納税しなければなりません。

 

それを逃れるのは脱税そのものです。何年にもわたって遡って請求されることもありますし、脱税するとそれが判明したときに請求される税金の税率は通常に普通に納めている場合よりも高くなります。

 

仮想通貨を扱っていて、例えば本業としての給与があり、仮想通貨からの売却益が年間20万円以上あるというような方は確定申告をしなければなりません。

 

あとは雑所得としての扱いとなるので、損益の繰越ができないことになっています。そのため売却益について例えば昨年の売買では赤字であった場合でも今年利益を得たら、お互いに打ち消すことなく今年は今年の分をしっかりと納税しなければならないのです。

 

利確しない限り税金がかからない?

ただし、ここでは利確の話です。ビットコインを購入していて、現在の価値が20万円以上あるような方であってもビットコインを保有しているだけで円に換金等しない限りはその保有のビットコインに対しての税金はかかりません。

Sponsored Links

 

あとは、補足情報ですが、仮想通貨を他の仮想通貨で取引した場合も課税の対象にはなりません。今はモノとして仮想通貨を見ているのですね。

 

そのためモノとモノの取引に消費税が課税されていました。しかし法改正で仮想通貨の取引の消費税の課税をしないように取り決められました。このおかげで今後はますます仮想通貨の取引も増えていくでしょう。

 

 

仮想通貨の取引所の手数料や取扱通貨を比較!国内や海外のおすすめランキングも!

 

仮想通貨の税金対策でデビットカードがおすすめ?

今、いろいろな金融機関がデビットカードを設けていると思います。基本的にデビットカードとクレジットカードは異なります。

 

クレジットカードは今月の使用金額分を今月以降の月に定められた日で請求されその金額をそのときに支払う形をとっていますが、デビットカードはカードを支払いにつかったときに、自分の預金口座と連動し都度引き落としされていくのです。

 

実はこのデビットカードが仮想通貨の税金対策に有効ではないかと言われています。先ほどの通り、今は政府の仮想通貨に対する見解がしっかりと定まっておらず、円に換金しなければ課税されないという考え方がとられています。

 

海外のデビットカードがおすすめ?

デビットカードはこの事実を活用するのです。デビットカードは自分の預金口座と連動させたりして事前に使えるお金をチャージしておく、準備しておく必要があります。

 

これを海外のデビットカードを使うと、仮想通貨を元手にカードにチャージが行われるのです。これは仮想通貨を円に換金せずにチャージすることができるので課税の対象にならないという考え方となります。

 

こういう使い方をするのに海外のデビットカードがおすすめです。その中でも人気があるのがワイレックスというものです。

 

仮想通貨のひとつであるビットコインでチャージして使いますが、海外のATMで現金を引き出すことができたりするので使い勝手がいいでしょう。

 

カードの発行審査もなく、すぐにだれもが発行できるタイプではありますが、発行するのにお金がかかったり、チャージ手数料がかかってしまいますね。

 

海外のデビットカードはチャージや手数料がかかる

その他にもいろいろなオススメの海外のデビットカードがありますが、どこの会社のカードもカードの発行手数料やチャージの手数料がかかってしまいます。

 

また、仮想通貨が多数でてきておりますが、ほとんどの会社でチャージに扱っているのはビットコインが多数ですので、ビットコインの準備が必要になります。

 

ただ、いまのところ無課税という扱いで使えるのは仮想通貨を扱う日本人の方からは熱視線が送られており、実際に活用している方も多数いらっしゃいます。

 

まとめ

日本の政府の見解が出揃ってしまえば、こういったデビットカード等を活用して仮想通貨を活用する場合にも課税すると決められる日もくるでしょう。

 

日本は仮想通貨において世界からみてもかなりの後進国です。すでに取り入れている人もまだまだ少ないですが、世界の動きをみれば今後普及していくでしょう。

 

そうなっていけば、仮想通貨を使ってできることもどんどん増えていきますし、取引もおもしろくなっていきますね。

 

 

仮想通貨とは!銘柄で有望ランキング!ビジネス最新初心者でも稼ぎたい

 

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

【著者のプロフィール】 就職浪人を1年して内定した会社を半年で辞めブログで独立。人脈なし金なしから主にブログやサイトで1年後に月収100万円達成。2019年はSNSと動画マーケティングに力を入れていきます。最新の実績やビジネス情報はLINE@またはメルマガ登録者限定で配信しています。(詳細は記事下)