副業で確定申告の必要書類!確定申告しないとどうなる?

【著者のプロフィール】

就職浪人を1年して内定した会社を半年で辞めブログで独立。人脈なし金なしから主にブログやサイトで1年後に月収100万円達成。2019年はSNSと動画マーケティングに力を入れていきます。最新の実績やビジネス情報はLINE@またはメルマガ登録者限定で配信しています。(詳細は記事下)

【要チェック】この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

副業の確定申告が必要な場合、副業に意識が向きがちですが実は副業と本業での給与も合計して、確定申告しなければなりません。

 

両方の合計の金額に対して税金を計算して、納税しなければならないのです。本業の収入で必要となる書類は源泉徴収票となります。

 

また副業のほうでは収入がどの程度が計算するのに必要な書類を集めなければなりません。例えば給料の振込先の通帳や請求書、かかった経費の領収書などがそれにあたるでしょう。

 

仮想通貨の税金対策の実情やタイミング!利確でバレる?デビットカードが有効?

Sponsored Links

副業で確定申告の必要書類とは

確定申告というと、毎年その時期になるとニュースなどで見かける人も多いですが、これまでは確定申告に無縁なひとも多かったでしょう。

 

ただ、今副業をする人が増えている中で確定申告が以前よりもぐっと身近に感じているひとも多いはずです。

 

難しそうな確定申告もコツを学習しておくことでスムーズにできますし、きっと思っていた以上に簡単だったという感想を持つことでしょう。

 

また、税金をしっかりと納めることで国や地方自治体のサービスが運営されているのです。ま〜正直気持ちよく税金を納められている方は少ないと思いますがw

 

どんな書類を準備しておくべき?

今から紹介する必要書類を理解して、来るべき確定申告の期間に備えておけば、楽をしてスムーズに手続きを終えられるでしょう。

 

まずは、本業として会社から得ている給与をしめす源泉徴収票です。これは一番重要といっても過言ではないので、大切に保管しておきましょう。

 

万が一紛失してしまったという場合は、会社に言って再発行してもらえうようにしてください。コピーでは不可で原本の提出が求められますので準備をしておいてくださいね。

 

次に、副業についてうつります。副業で収入を得るために必要だった経費の書類です。

 

領収者は経費として証明できるもの

例えばネットビジネスをしている方ならば通信費などがそれに当たりますし、勉強するために必要だった書籍の購入費用なども含まれるでしょう。

 

経費の合計を申告するので、領収書があればいつ、何に対して、いくらかかったかということがわかると思いますが、領収書のないものもあると思います。

 

その場合は、履歴などをスクリーンショットでとっておいたりするのもいいそうですよ。確定申告にそなえて、こういった経費を証明できるものは日頃から集めて、大切に保管しておくようにしましょう。

 

では最後に副業からいくらの収益を得ることができたかの証明書類になります。これで一年間にどの程度の金額の収入があったかを明らかにしましょう。明らかになるようなものであれば、形などは問いません。

 

税務署の職員の力も借りれる

必要書類等が集まれば、毎年一度ある確定申告時期に慌てずに申告できるでしょう。実際の申告時には数字等を記入するのみになりますが、もし今後税務省から調査が入るような時があるかもしれません。

 

そういった際にしっかりと証明、説明ができるように書類等は確保し、保管しておくようにしましょう。確定申告は、税務署にいって直接行う方法や郵送、ネットを利用する方法があります。

Sponsored Links

 

確定申告の必要があって始めて税務署へくという人も多いかもしれませんが、行ってみると職員の方がわからない部分は丁寧に教えてくれますので、とても親切でした。

 

初めて確定申告をするという方は、税務署の職員さんのお力をお借りするのも手だと思いますよ。

 

副業で確定申告しないとどうなる?

まず、副業で確定申告がマストになってくるのは年に20万以上の収入を副業で得ている人となります。この人たちが確定申告をしないと、会社が副業に気づくことがあると思います。

 

会社に気づかれずに副業をしたいと思っている方も多数いらっしゃるでしょうから、そういった方たちのためにも確定申告を味方にすれば会社に気づかれる可能性は限りなく0に近づけることができます。

 

また場合によっては還付金等を受け取れるケースもありますので、嬉しい特典のような感じです。なので、副業で20万以上のひとであれば確定申告は必ずしましょう。

 

自分が得た収入に対して、定まっている税率の税金を納めることは国民としての義務でもありますので、しっかりと確定申告はしましょう。

 

脱税のリスク

していないからといってすぐに何かがあるというようなケースは少ないでしょうが、例えば税務署の税務調査がおこなわれたときに確定申告せずに納税していなことが判明すると脱税として扱われます。

 

この場合は通常よりも大きい額での納税を求められたりします。

 

すぐに脱税として逮捕されたりするわけではないのですが、数年にさかのぼって請求されたりもしますので、脱税は避けましょう。最悪の場合は逮捕されることも十分ありえます。

 

住民税で副業ばバレることも

また、税務調査よりも可能性として高いだろうと考えられるのは住民税での副業の判明です。副業を完全に認めている会社は世の中をみてもまだまだ少数と言えるでしょう。

 

本業への影響等を考慮してなかなか認めてもらえておらず、会社に隠して副業を行っている人が多いと思います。そういった方は住民税にはご注意ください。

 

会社員をして毎月お給料をもらっている人は、基本的にお給料から各種税金が引かれていることでしょう。この中には住民税も含まれているでしょう。この住民税がポイントとなります。

 

住民税は前年の所得にたいして課されるのですが、例えば確定申告のときに会社で給与として渡している年収より大きい年収のひとの%で住民税が課されていることが判明するのです。

 

この時、副業をおこなっていることがわかります。

 

副業で収入のある方は確定申告が必須ですが、確定申告時に住民税の納め方を選択できますので、そのときに自分で納付するというところに間違いなく選択するようにしましょう。

 

毎月2万円稼いでる方は白色申告が必須!

20万とは副業を通して得ているお金からそのお金を得るためにかかった経費を引いた時の金額が20万円を超える場合を指しています。

 

月に2万円弱の副収入を得ている方は対象になるので、結構対象となる方は多いでしょう。

 

会社員をしていて副業をしている方であれば、白色申告を活用すればかなり簡単に確定申告をすませることができるので、余計なリスクを負わないでしっかり確定申告してください。

 

副業のおすすめ!学生や主婦にも安全なのは?アンケートモニターは?

 

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

【著者のプロフィール】 就職浪人を1年して内定した会社を半年で辞めブログで独立。人脈なし金なしから主にブログやサイトで1年後に月収100万円達成。2019年はSNSと動画マーケティングに力を入れていきます。最新の実績やビジネス情報はLINE@またはメルマガ登録者限定で配信しています。(詳細は記事下)