Googleアドセンス広告の審査に通過して取得する方法!

【著者のプロフィール】

就職浪人を1年して内定した会社を半年で辞めブログで独立。人脈なし金なしから主にブログやサイトで1年後に月収100万円達成。2019年はSNSと動画マーケティングに力を入れていきます。最新の実績やビジネス情報はLINE@またはメルマガ登録者限定で配信しています。(詳細は記事下)

【要チェック】この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

Googleアドセンス広告はGoogleが運営しているクリック型の広告報酬となるアフィリエイト広告となります。

Googleアドセンス広告は1クリックで数十円くらいになりますが、Googleアドセンス広告だけでも毎月何百万円と稼いでいる方もおられます。

そんなGoogleアドセンス広告は誰でも取得することができますし、一度アドセンス広告を取得すれば、どの媒体でもアドセンス広告を適用することができます。

Sponsored Links

アドセンスアカウントの審査を通るためには?

Googleアドセンス広告を利用するためには、アドセンスアカウントの審査に通る必要があります。審査を通すことは特に難しくありません。

アドセンスアカウントを取得するには2回の審査に通過する必要があります。

一次審査に通過するためには

アドセンスアカウントの審査に通過するために用意するものはBlogger以外の無料ブログまたは独自ドメインで取得した有料サイトが必要となります。

Googleアドセンス広告の取得は年々厳しくなってきています。以前までは、シーサーブログやSo-netブログなどの無料ブログでも申請できていたのですが、現状は使用不可となります。

サブドメインと呼ばれるhtttp://aaa.bbb.ccc.comといったURLのサイトも申請不可となりました。

Googleアドセンス広告を利用して、大きな報酬を上げたいのであれば、独自ドメインを取得した方がいいです。

独自ドメイン(ワードプレス)と無料ブログの違いとは!?

既存のBloggerや独自ドメインのサイトを利用しても良いの?

既存の媒体を使用してもいいのですが、内容はアドセンスアカウントを取得できる適切な内容が必要となりますし、1記事の文字数とかも気をつける必要があります。

アドセンスアカウントの審査を通過させるための適切な内容に関して、以前は日記のような当たり障りのない内容が良かったとされていました。

ですが、現在はより読者の役に立つ記事を書いた方がアドセンスアカウントの審査に通過しやすくなりました。

最大の注意点としては、ギャンブルやお酒、アダルト、ギャンブル、政治思想、児童ポルノといった内容を記事に記載してはいけません。※誰かを中傷するような内容も注意する必要があります。

また、文字数も1記事1000文字以上の記事が約20〜30記事必要となります。※文字数が少な過ぎると、審査に通らない可能性があります。

Sponsored Links

既存媒体は個人的におすすめではない

初めてアドセンスアカウントの審査に通過させるために、管理人自身も既存の媒体で一度審査に挑んだことがあります。

ですが、結果は審査に落ちました。記事の修正やアフィリエイトリンクなどを外したり、既存媒体の修正に時間をかけていましたが、審査に通ることはありませんでした。

管理人以外にも実際に既存の媒体でアドセンスアカウントの申請に挑まれた方を見ましたが、結果として審査に落ちていました。

ですので、時間を有効活用するためにも、新規の媒体を作成してアドセンスアカウントの審査に挑んだ方がいいです。

更新頻度はどのくらい?

審査中の記事の更新ペースですが、1日1記事は更新した方がいいです。

内容が思いつかないという方は、好きな食べ物や、映画、アニメ、ドラマなどを記載してもいいですね。

毎日更新することが難しいという方は、事前に20記事ほど書いておいて、20記事分を予約投稿すると良いです。

すると、更新漏れがなく、毎日更新することができます。

アドセンスアカウントの審査時の注意点

アドセンスアカウントの審査に通るためには、サイト内にリンクは一切設置しない方がいいです。特にAmazonや楽天などのアフィリエイトリンクを使用するとアドセンスアカウントの審査に通らない可能性が高いです。

もちろん、affiliateBやa8といったアフィリエイト単価が高い大手ASPのアフィリエイトリンクも使用してはいけません。

また、アフィリエイトしたい商品などの名前(商標名)は記事のタイトルであったり、その商品を訴求するような内容を記事にしない方がいいです。

申請したサイトに対して、Googleがアフィリエイトサイトだと認識してしまうと、アドセンスアカウントの審査に通らない確率が高いです。

二次審査に通過する方法

二次審査に通過するためにはGoogleアドセンス広告をサイトに貼り付けます。広告のサイズと広告の名前は任意で問題ありません。

Googleアドセンス広告のタグを発行して、コピーしたら、サイト(ワードプレス)の外観→ウィジットからのテキストを「ウィジットエリア」に設置して、テキストの内容に貼り付けます。

テキストのタイトル名は「スポンサードリンク」と必ず記入しましょう。

Googleアドセンス広告を利用する際は、必ず「スポンサードリンク」と記載しなければならないのです。

1〜2次審査を通過するための期間は約10日〜14日と想定すると良いです。

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

【著者のプロフィール】 就職浪人を1年して内定した会社を半年で辞めブログで独立。人脈なし金なしから主にブログやサイトで1年後に月収100万円達成。2019年はSNSと動画マーケティングに力を入れていきます。最新の実績やビジネス情報はLINE@またはメルマガ登録者限定で配信しています。(詳細は記事下)