登校拒否の子供への対応!原因や克服する方法は?【実体験】

【著者のプロフィール】

就職浪人を1年して内定した会社を半年で辞めブログで独立。人脈なし金なしから主にブログやサイトで1年後に月収100万円達成。2019年はSNSと動画マーケティングに力を入れていきます。最新の実績やビジネス情報はLINE@またはメルマガ登録者限定で配信しています。(詳細は記事下)

【要チェック】この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

どうも、うぇぶ太郎です。元々、私も1年くらいは不登校児でした。中学2年生の中盤くらいから学校に行かなくなったと思います。

それが原因で、アラサーになった今でも青春時代のドラマはジェラシーが湧いて見れないですし、友達とも高校時代の話ができないので、高校を行った定でノリで話を合わせたりしています。

ですが、現在は何不自由なく人生を満喫していますし、他の人よりも圧倒的に濃い人生を歩んでいると思います。

ですので、今不登校で悩んでいる方は、まじで何も心配することはないと思っていますw

まだ10代だと思うので、先の人生は自分の掲げた目標や努力次第でなんとでも変えていくことができます。

※私はまだ親になった経験がないので、自分が不登校児になった時の心境を踏まえつつ自分が親になった時の目線で紹介しています。

Sponsored Links

 

登校拒否の子供への対応

不登校の原因はいじめや家庭内環境、恋愛など色々挙げられますが、放置していても今を変えることはできませんし、無駄に時間が過ぎていくだけです。

勿論、親が放置していては、改善していくことは不可能でしょう。しっかりと、今後の人生について子供と向き合うことが大切になります。

私が不登校になった時は、”学校に行くことが全て”だと思っていたので、絶望するしかありませんでした。ですが、学校なんて行かなくても全然違う人生を楽しむことができます。

そいうった人生の道しるべというか、別の人生ではどんな人生が待っているのかをしっかり説明した方がいいかもしれませんね。

子供は自分で自由になれるくらいお金を稼げませんし、学校以外の道があることが分かっても、中々別の人生へ進むことができません。

別の人生へ歩むのが怖いというか、一歩前へ進むことができないのです。ですので、不登校を実際に経験して克服した方の話をその人本人から聞かせてあげても良いかもしれません。

 

そもそも子供が不登校になる原因とは

子供が不登校になる原因は色々ありますね。例えば、壮絶ないじめや、人間関係に疲れる、失恋、家庭環境が悪い、偽りの自分を演じて良い顔するのが疲れた等が挙げられます。

ただ、子供がすぐに不登校になった原因を話すこともないでしょう。なぜなら子供は恥ずかしい、または言っても理解して貰えないといった感情を持っているからです。

私が子供の時期も不登校になった原因を親に話したことがありません。今でも話さないまま30手前のおじさんになってしまいましたw

というより、私の場合は年々なぜ不登校になったのかを決定的な理由を忘れてしまったからです。

ただ、一つ覚えていることは一時的に凄い虚無感に襲われたことですね。人生同じことの繰り返しだとマイナス的に悟ってしまい、何をしてても楽しいと思えなくなったのです。

それ以外にも理由はあったと思いますが、さっぱり記憶にないですwとはいっても、現状不登校になっている子供は不登校になった決定的な理由があると思います。

聞いても教えてくれない場合は、別の方法を模索する必要がありますね。ただ言えることは学校に行きたくないということは、別の環境を提供させてあげることが大切だといえます。

結局、いやいや学校へ行かせて不登校を解消しても、最終的に子供が自殺してしまっては全く意味がありません。

 

不登校児の明るい未来を創造するには?

不登校児といっても、何もしていなければ、特に現状からは脱出できません。私自身も10代の中の2〜3年くらいはドブに捨ててしまったと思っています。

今考えると責任なんてないに等しい10代にもっと色々な生活を楽しんでいればよかったなと思いました。

そこで、もし私が10代の不登校児に戻った場合、どんな行動を取るかを話していきたいと思いますので、親御さんの参考になれば幸いです。

「不登校児は恥だ」なんて自分で思わない方がいいです。俳優の小栗旬や歌手の星野源、お笑い芸人の千原ジュニアでさえも不登校を経験しています。

過去にいじめなどが原因で人生に絶望していた有名人も今では周りの誰よりも輝いていますよね。

悲観的になってしまう気持ちは分かりますが、もっと先をみて人生設計を立てると早く今まで感じたことのない価値観に触れることができます。

10代は感情形成をするうえで一番大切な時期ですし、10代という青春時代を失うともう一生取り戻すことが出来ません。

私の場合は、10代の特に高校時代の青春を丸々捨ててしまったので、今でも後悔しておりたまにお酒に酔って中学時代の友人に周りは結婚してるのか、どんな状況なのかを聞いたりして穴埋めをしようとしていますw

 

親に転校したい旨を話す

もし、中学や高校で何かが原因で不登校になった場合は、親に相談して別の学校に行かしてもらえるように説得した方がいいです。

10代といった子供の頃の思い出は将来大人になるうえで性格形成に多大な影響を与えてしまいます。

ですので、学校に行けなくて悩んでいる不登校児は親にしっかりと相談して、転校するようにお話しした方がいいです。

Sponsored Links

私も学校に行けてなかったことで、大人になってもまるで亡霊のように高校時代の話をできないことが付きまとってきます。

この感覚は私だけでもしれませんが、今不登校の方にはこういった思いを持たせたくないですね。

ただ、転向となるとせっかく購入したマイホームを手放す必要性が出てくるかもしれません。

金銭面できつい場合は海外留学がおすすめかもしれませんね。

 

海外に留学する

もし私が過去にタイムスリップして不登校時代の10代をやり直すとすれば、海外留学も視野にいれますね。

高校の学費は親が出してくれる方が大変だと思います。もし高校の学費が浮いて、海外留学を許してくれる場合は、海外留学もおすすめですね。

私は大学時代に一人で1ヶ月程海外留学をしました。その時はオーストラリアのゴールドコーストへホームステイという形で現地のホストファミリーにお邪魔しました。

その時に知り合ったトルコ人とは今でも仲が良いですし、こういった海外留学の経験は一生の中でも非常に価値のある想い出になります。

私は10代の時に不登校になり、一度は海外旅行を検討しましたが、当時は海外留学を一人で旅行することが怖いと感じていました。

ただ、案外一人で海外留学すると何とでもなりましたね。向こうでは別の大学の日本人の友達ができましたし、その日本人は今でも友人です。

10代で英語が話せるようになると、後々一生の財産にもなりますし、個人的には大分おすすめです。

ちなみに私の従兄弟が10代の時にカナダの大学へ入学して、Facebookとか見るとめちゃめちゃ楽しそうでしたw

 

スポーツに集中して貰う

私は不登校になっても昔から続けていたテニスだけは、ずっと継続して民間のジュニアテニススクールに通わせて貰いました。

今不登校でひきこもり状態の方は何かスポーツを始めみるように説得してみてもいいですね。

テニスの場合は週5でテニスに通うことができますし、近くにサークルがあれば、安くてテニスサークルに通うこともできます。

テニス以外にも、例えば空手とかキックボクシングとかもおすすめかもしれません。

格闘技は体だけではなく精神面も鍛えられますので、今後の人生に大きく良い影響を与えると思われます。

もし、いじめとかに合っている方も格闘技は断然おすすめできますね。最初は「復讐してやる!」といった気持ちで始める子供もおられると思いますが、真剣に打ち込めば、次第にスポーツとして楽しみ目指す方向が変わってくるでしょう。

 

元手0円でビジネスを始める

元手0円でビジネスを始めるのは簡単ですが、努力は必要です。とはいっても、受験勉強する努力をビジネスに一点集中するだけです。

ですので、受験勉強よりもやりがいがあると思いますし、お金という実用的なものも結果としてついてきます。

最近では高校生でも多くの方が自分で事業を始めている方も多いです。特に仮想通貨バブルの今では高校生でもビットコインFX億万長者が多数排出されています。

私は今自分で事業をしていますが、10代から初めていたら、今頃億万長者だと思っていますw

つまり、学校行けてないことに無駄に悩んでいる時間があったら、自分の手で将来をこじ開けて、お金持ちになることもおすすめです。

15歳の中学を卒業した後に地方から上京してずっとビジネスをしていて20代前半で億万長者になった方もおられます。

若い内からお金持ちになると、キャバクラとかではまじでモテますw周りの男性からも注目されて、尊敬もされるでしょう。

元手0円から始めるビジネスとしては、アフィリエイトがおすすめですね。

「中学生 投資」「高校生 投資」とかで検索すると10代から投資やビジネスを実践しいてる方が沢山いることが分かります。

 

受験勉強をして大学受験をする

私の場合は「大学受験をして、大学に行け!」と散々親に言われてきたので、とりあえず、高卒認定試験を合格させて受験勉強をして、それなりに高学歴に位置する大学に合格することができました。

大学生活は、過去最大にはじけたかもしれないですwサークルでは色々な女の子に手を出してしまい、サークルを追放されたこともありますw

自分でサークルを作ったりもしました。何せ人には言えないことも沢山したのが大学時代でしたね。もう不登校という黒歴史を帳消しにするくらい遊びまくってやりましたw

とりあえず、遊びつくしたい!という方は大学受験をして、大学ではじけるのもおすすめです。本当に何も責任を背負うこともなく、人生の夏休みを4年間も味わうことができますw

 

不登校児の親へ一言

今自分家の子が不登校でどうすれば学校に行ってくれるのかを悩んでいる方もおられるでしょう。または息子や娘に家庭内暴力を振られる方もおられるでしょう。

その結果、子供に対して親身に相談にのってもすぐには期待に応じてもらえないこともあります。

だからといって、教育を放棄することは、親としての責任放棄になりますので、それは絶対にダメですね。

必ず将来子供が大人になった時には、恩返しはして貰えるので、めげずに諦めないで教育した方がいいです。

私はどんな最悪な状況に陥っても親に見捨てられることがありませんでした。

ですので、私はとりあえずお金に困らない金額を稼いで資産を残しつつ、親が亡くなるまでに悔いが残らないように好きな事をさしてあげたいと思います。

 

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

【著者のプロフィール】 就職浪人を1年して内定した会社を半年で辞めブログで独立。人脈なし金なしから主にブログやサイトで1年後に月収100万円達成。2019年はSNSと動画マーケティングに力を入れていきます。最新の実績やビジネス情報はLINE@またはメルマガ登録者限定で配信しています。(詳細は記事下)