福岡へ2泊3日の旅行体験談!夜遊びは予算3万円がおすすめ!?

【著者のプロフィール】

就職浪人を1年して内定した会社を半年で辞めブログで独立。人脈なし金なしから主にブログやサイトで1年後に月収100万円達成。2019年はSNSと動画マーケティングに力を入れていきます。最新の実績やビジネス情報はLINE@またはメルマガ登録者限定で配信しています。(詳細は記事下)

【要チェック】この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

どうも、うぇぶ太郎です。今回は福岡へ旅行ということで、人生で初めて福岡に行くことになりました。

福岡は豚骨ラーメンや海鮮が美味しいというイメージがあって、グルメな僕からしたらめちゃめちゃ楽しみです。

あとは男性陣の大半が好きであろう夜遊びですねw

今回友達と福岡へ行くということなので、予算は3万円で設定しました。ただし、予算オーバーしそうな予感がプンプンしますがw

それでは福岡へレッツゴー!!

 

Sponsored Links

福岡へは新幹線が格安?

 

福岡へ行くのは新幹線で行くことにしました。新幹線のチケットはスマートEXに会員登録してから2泊3日で行く日程を予約しました。

「スマートEX往復割引 指定席」が安くて、往復で28,680円となります。

※スマートEXは新幹線で移動が多い方にはかなり便利の予約サイトになります。

 

 

私はお盆休みに行くことになりまして、ピーチとかの格安飛行機でも3万は超えたので新幹線が一番格安でした。

 

博多駅に到着!速攻ラーメンを食べました

博多駅に着いてからはお腹が空いていたので速攻でラーメンを食べました。博多駅にある「shin shin」へ行きました。福岡=豚骨ラーメンはあながち間違っていなかったです。

というのも、博多駅着いて色々ラーメン屋を探していたのですが、ほぼ豚骨ラーメンが占めていましたね。ただ、福岡ではオリジナルの醤油ラーメンも有名です。

※以下は博多駅にある「支那そば」の辛麺になります。支那そばが博多の醤油ラーメンで有名ですね。

縮れ麺がメインの醤油ラーメンで、味がかぼすといったサッパリした味から辛めで濃い味を食べられます。私は辛麺を注文しまして、適度に辛くて美味しかったです。ただ、前日の寝る前の朝方に「一蘭の5辛」を食べていたので、かなり胃もたれした状態でしたw

 

博多のKITTEのユニクロで服を調達!

福岡旅行へは2泊3日なので、荷物もそれ程多く必要はないと思い、服などは福岡で現地調達しました。その際に購入したのが福岡のユニクロです。

基本的にアクセサリー以外の服はユニクロなどのファストファッションで揃えていますね。シンプルな服装が好きなので安くてコスパが良いファストファッションはおすすめできます。

ファストファッションでの買取業者も存在していますね。博多のKITTEはユニクロ以外にもチャンピョンなどのブランドも入っており、他にも1〜7階がマルイとなっています。

大阪のルクアみたいな感じですね。ルクアほど人は多くないので、ウィンドウズショッピングがしやすいと思いました。

 

その後は人生初の天神へ!夜遊びの時間に!

天神へ着いたのは午後7時半くらいでした。その後は福岡出身の友人含め3人で居酒屋へ行きました。天神の町の雰囲気は大阪でいうミナミみたいでした。キャッチとかも沢山いましたが、ミナミほど勧誘が酷くないので平和に町を徘徊することができました。

居酒屋後は、アイリッシュバーへ行きました。アイリッシュバーは大阪でいうハブバーみたいな雰囲気で、カウンターでお酒を注文して好きな席に座れる形式となります。

座る席は女性が座ってる席の横でもいいですし(女性側が許可すればw)空いている席に座ってまったり飲むことができます。

梅田のハブバーみたいにババ混みしないので、人と間隔を開けて飲むことができます。ただ、その分人というか女性も少ないので出会いはあまり期待できません。

 

グランドミラージュで芸能人と遭遇!

※上記はグランドミラージュの地下のクラブフロアの様子になります。グランドミラージュの1階のレストランバーみたいな内観はこちらが参考になります。

その後はダイニング&クラブバーのグランドミラージュへ行きました。グランドミラージュはめちゃめちゃ内装が綺麗ですね。

1階が食事もできる綺麗なレストランバーで3〜4階がクラブになります。私が行った時は綺麗なダンサーも踊っていましたが、フロアーに男女ともにあまりお客さんがいなかったです。

クラブのフロアでは珍しくパイナップル串や骨付きウインナーも販売されていました。1500円で2杯お酒を飲めるチケットがあったので、2杯とも飲んで1階のフロアに戻りました。

1階のフロアでナチョスを注文して、食事を堪能していたら、すぐ横の席にお笑い芸人でパラシュート部隊の斎藤優氏と遭遇しました。

私の友人が声をかけたのですが、好印象を持てる対応を頂けました。私は最初、斎藤優氏を知りませんでしたが、後日「発見らくちゃく!」という福岡のローカル番組を友達の家で見してもらってかなり面白かったですw

「発見らくちゃく!」の企画自体が大阪受けすると思いました。

 

ナイトクラブ「イビザ」と「キャッツ」へGO!

斎藤優氏と少しの間会話を楽しんだ後はナイトクラブのイビザへ行きました。週末のイビザは大量の人でごった返していました。

ただ、やはり圧倒的に男が多いです。比率は男性7割、女性3割といったところですね。後、福岡のクラブは全箱まじで暑いですw

空調が全く効いていない印象がありますね。ただうちわが配られるので、うちわを扇いでいればなんとか涼しくクラブを楽しめました。ただ人がめちゃめちゃ多いです。少し動くだけでも余裕で肩がぶつかり合いますw

当たり前ですが、貴重品とかの管理はしっかりした方がいいです。ロッカーの鍵を見事に擦られまして、ロッカーを開けられて中身が盗まれていましたが、受付にかばんがありました。ちなみに財布もw

ただ不思議なことに札が入っており中身の小銭が全てパクられていたのです・・・。まじ謎w多分監視カメラが常備されていたので、それに気が付いて受付に置いていった可能性があります。

財布は見つかりましたが、テンションがだだ下がりの状態で次はクラブ「キャッツ」へ向かいましたwキャッツは最近改装されたらしくてフロアが1階〜地下3階で構成されています。

※こちらはキャッツのカウントダウンパーティーの様子になります。

その階も本当に暑いですw特にメインの2階のフロアは身動きが取れないほど人がパンパンで空調もあまり効いておらず、私はさらにテンションが下がり、1階フロアで只々ボーとしていましたw

 

締めは「トマトラーメンと辛めん 三味 大名店」が美味い!

朝方の帰り際に天神では有名な「トマトラーメンと辛めん 三味 大名店」に寄って帰りました。「トマトラーメンと辛めん 三味 大名店」の大辛を注文したのですが、辛党には丁度良い辛さでした。ただ、辛いの少し苦手な方にはおすすめできませんw

辛党ではない友人がスープを少し飲んだだけで大量の汗が出ていましたw

多くの芸能人やソフトバンクの選手が「トマトラーメンと辛めん 三味 大名店」に来店しており、壁に大量のサインが掲載されています。

 

2日目は鍋とラーメンの食事パラダイス

二日目は大坂の北新地にもあるのですが、私が行ったことがない博多「華味鳥」へ行きました。「華味鳥」はご飯自体が非常に美味しいですし、接待にはもってこいのお店ですね。

全室個室になっていて、簡易的な個室ではなく、話の内容が筒抜けにならないほど丈夫な壁で個室を区切っています。

生鳥に関しても全く臭みがなくて美味しく頂くことができましたね。

北新地の「華味鳥」も行こうと思い、名刺も頂いて関西へ帰りました。

お腹いっぱいになったところで、次は福岡のシフトバーへ行きました。 シフトバーは関西や関東でいうスイッチバーになります。

シフトバーへは22時くらいに行きましたが、人がポツポツいるくらいでガラ空き状態でした。ただ、店自体にはテラスが着いて凄く綺麗です。

スイッチバー同様イエガーマイスターのショットが飲み放題になります。シフトバーの後はまたイビザへ行きましたが人が多くて30分くらいで出ました。その後はクラブ「美獣」へ行きました。

 

美獣のクラブの雰囲気はこんな感じ!【動画】

「美獣」は中洲なので、天神から中洲へタクシーで移動しました。ワンメーターくらいなので、そこまで遠くはないです。

美獣の内容は凄く綺麗ですが、ワンフロアで思ったよりも狭かった印象があります。週末でしたが、男女比は男性が8割で女性が2割くらいだった気がします。母数自体も少ないです。

 

夜遊び最終日の締めは一蘭へ!

2泊3日の夜遊びの最終日は福岡の本場一蘭の豚骨ラーメンを食べました。天神の一蘭では唯一重箱で豚骨ラーメンを食べることができます。

お酒に酔っていて完全に写真を取り忘れてしまいましたが、1玉分の替え玉をして締めは終了。確か4〜5辛くらいを食べましたが、辛党の私はあと3辛くらい辛くできると思いました。※ただし本当に辛いが強い人に限ります。

次の日は14時から新幹線ということで、深夜早めに帰宅しました。

 

2泊3日の予算は3万円で可能?

福岡への旅行で2泊3日の予算を3万円に抑えることは可能です。ただし宿泊代や新幹線代を抜いての話になります。

宿泊代や新幹線代を合わせると、大体予算8万くらいを検討した方がいいですね。福岡に住んでる友人が泊めてくれたりすると宿泊代が浮きますね。

夜遊びに関してもキャバクラなどの夜のお店で豪遊しなければ、1日1万くらいの予算で夜遊びを堪能することができます。

あとはお土産代です。お土産代は予算2000円〜3000円くらいあれば、2組み分くらのお土産代を購入できます。

私は博多限定の「めんたいせんべい」のネギと激辛を購入して大阪へ帰りました。

 

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

【著者のプロフィール】 就職浪人を1年して内定した会社を半年で辞めブログで独立。人脈なし金なしから主にブログやサイトで1年後に月収100万円達成。2019年はSNSと動画マーケティングに力を入れていきます。最新の実績やビジネス情報はLINE@またはメルマガ登録者限定で配信しています。(詳細は記事下)