dtvのおすすめの映画とアニメ!個人的な最高傑作を紹介!

【著者のプロフィール】

就職浪人を1年して内定した会社を半年で辞めブログで独立。人脈なし金なしから主にブログやサイトで1年後に月収100万円達成。2019年はSNSと動画マーケティングに力を入れていきます。最新の実績やビジネス情報はLINE@またはメルマガ登録者限定で配信しています。(詳細は記事下)

【要チェック】この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

どうも、管理人のうぇぶ太郎です。一時期ですが、私はネットフリックス・hulu・dtvなど様々な動画配信サイトと契約していて、ニート生活を送っていましたw

その際に各動画配信サイトと比較して、dtvはどのドラマや映画、アニメがおすすめなのかを紹介していきますね。

ちなみに、「Amazon fire TV stick」さえあれば、dtvもテレビで見れるようになります。

 

 

Sponsored Links

dtvは他の動画配信サイトと比較して何が違う?

huluが月額933円で、ネットフリックスが月額650円となりますが、dtvに関しては月額500円(税抜き)と他の動画配信サービスよりも比較的に安く視聴することができます。

 

huluでおすすめの海外ドラマ!無料視聴期間付きで最高だぜ!

 

また、huluとネットフリックスは結構似たり寄ったりの映画やドラマ、アニメが配信されていますが、dtvは思った以上に昔から人気のある映画やドラマ、アニメが配信されています。

 

【辛口】ネットフリックスでおすすめアニメ!最後まで鑑賞済み!

 

例えば、個人的に印象に残っている作品としては、アニメ「幽遊白書」や映画「タイタニック」「アバター」などが挙げられますね。

過去に一度見たことがあるけど、懐かしくてもう一度見たい映画があるという方にはdtvはおすすめの動画配信サービスとなります。

huluやネットフリックスに関しては独自の動画を配信していることもあり、例えば、ネットフリックスであれば、あいのりやネットフリックスでしか放送していない海外ドラマが挙げられます。

ではdtvのおすすめの映画やアニメ、ドラマを一覧形式で紹介していきますね。

 

dtvでおすすめのアニメ一覧

dtvのアニメはマニアックなものも配信されています。例えば、「闇芝居」とか聞いたこともない個人的に聞いたこともないアニメが配信されていますね。

ですので、興味本位で見た結果、はまってしまう方もおられるでしょうw

 

幽遊白書

幽遊白書は現在アラサーの方にはハマる人にはハマったアニメだと思います。幽遊白書では、霊界探偵編、暗黒武術編、魔界統一トーナメント編などがあり、長編になりますが、どれも楽しめます。

私は浦飯幽助と仙水が戦うシーンが凄く好きでした。戸愚呂と戦うシーンも好きでしたが、仙水が多重人格ということもあり、戦うごとに変わっていく部分がめちゃかっこいいと思いました。

あと、浦飯幽助が魔族へと変身してしまい、仙水を倒す時に、完全に父と同じ魔族へ変身した時が強すぎて痺れましたw

これは名作なので、アラサーになったおじさん方でも楽しめる作品でしょうw

 

ワンピース

ワンピースはもはや国民的アニメ・漫画になっていますね。ですが、dtvのワンピースは最新のドレスローザ戦やビックマム戦などが配信されていません。

ルフィやウソップ、ナミ、ゾロ、サンジなどの各キャラクターが初期の頃に起きたストーリーを配信していますね。

サンジとゼフの最後のやり取りは個人的にめちゃ感動しましたゼフ「風邪ひくなよ」サンジ「…オーナーゼフ!今ままでクソ御世話になりました!」という部分です。

見ていない方はぜひ見て感動してほしいですw

 

クレヨンしんちゃん

クレヨンしんちゃんは我らアラサーには馴染み深いアニメだと思いますwというよりも、子供時代は絶賛リアルタイムで見ていたでしょう。

ストーリーは野原しんのすけの日常生活を面白おかしく描写つつ、家族愛とかも伝えてくれる思ったよりも心温まるアニメですw

ただし、親によってはクレヨンしんちゃんの視聴を反対するかもしれません。なぜならケツだけ星人とか子供がしたら親はビックリですよねw

クレヨンしんちゃんはひまわりがいない初期の頃から放送しているので、少し描写が荒いのがデメリットかなと思います。

 

ドラゴンボール超

ドラゴンボール超は、ドラゴンボールの中でも最新作になりますね。個人的にドラゴンボールはZの時代が一番面白かったです。魔人ブウやセルとかが出てきたり、ご飯が覚醒するシーンとかは好きです。

ドラゴンボール超は悟空やベジータがゴッドとかになって青いスーパーサイヤ人になったりしますね。

ただ、描写があまり好きではなく、敵キャラクターの作画がシンプル過ぎるというか、フリーザみたいな永遠の敵キャラみたいなものが出てきていませんね。

ストーリーや戦いの描写とかは好きなので、ドラゴンボール世代の人は一度見てみる価値があるかもしれません。

 

遊戯王デュエルモンスターズ

遊戯王デュエルモンスターズは、初期の頃のアニメになりますね。遊戯や海馬、そしてブラックマジシャンやブルーアイズホワイトドラゴンなどを知っている方には懐かしいアニメですね。

Sponsored Links

カードゲームが最も流行った時代かもしれません。ストーリーは遊戯や城之内、本田が海馬コーポレーションのカードゲームに挑むストーリーから視聴することができます。

リアルタイムでは幽遊白書の次に遊戯王が放送されていたのを覚えています。

ちなみに、遊戯王ブルーアイズホワイトドラゴンなどのカードが1枚1万円以上で売れる可能性もあるので、現在保有敷いてる方はオークションで販売してもいいですね。

 

こちら葛飾区亀有公園前派出所

こち亀は正直、子供頃見るとそこまで面白いと思えませんでしたw少し現実的すぎるというか平凡というか、そこまで刺激を受けることが出来なかったのかもしれませんw

ですが、大人になってから見ると、意外に面白いというか何話も連続で見てしまうほどハマってしまいました。

こち亀は昭和時代をモチーフした作品なので、アラサーとかおじさんには最適なアニメ・漫画かと思います。

何気に麗子が両津勘吉のことを想っているシーンは見物ですwお金持ちの社長令嬢が下町の貧乏人に恋をするというw

逆に最近の平成っ子の子供にはあまり対象的ではない作品かもしれません。とはいえ、見てみる価値は非常に高いです。

 

dtvでおすすめの映画一覧

以下では、洋画・邦画を含めて、dtv個人的に人生で最も印象的かつおすすめできる映画を紹介していきますね。

dtvの映画はシリーズモノを全て公開しているので、その点が非常に評価できますね。ちなみにdtvでは過去の名作は豊富に取り揃えられています。

例えば、パールハーバーやリーサルウェポンシリーズ、ブラックレインなどが挙げられます。

ですので、映画メインで視聴したい方は個人的にdtvがおすすめですね。あと、洋画も邦画も古すぎるってくらい古いものが視聴できますw

 

タイタニック

名作中の名作となるラブストーリーの映画です。現代の平成っ子は知らない方もおられると思うので紹介します。今でもふとした瞬間に鑑賞したくなる映画ですねw

レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットが共演した映画で、個人的には恋愛映画の中でも最高傑作にランクインしています。

この2人は映画「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」でも共演を果たしており、プライベートでも親交があるそうです。

タイタニックは”とにかく感動したい・涙を流したい”という方には非常におすすめです。レオ様のイケメン度が最盛期だと思いますw

 

ダイ・ハードシリーズ

ブルース・ウィルスが主演を務める名作となります。ダイ・ハード初期の映画は描写が少し荒いというか古い感じを受けますが、それでも見応えがありますね。

特にアクション映画が好きな方には非常におすすめです。ストーリーは単純に警察役のブルースが悪党を退治する映画となります。

明らかに危ない状況にも関わらず起死回生していくシーンは爽快感がありますね。

あと、ダイ・ハード初期の頃のブルース・ウィルスは髪もまだ少し生えてて若々しいですw

dtvではブルース・ウィルスのファンにおすすめできる「フィフス・エレメント」や「16ブロック」といった映画も見れます。

 

ワイルドスピードシリーズ

ワイルドスピードシリーズでは、今は亡きポール・ウォーカーやヴィン・ディーゼルなど豪華キャストが出演しています。皆さん主演級の役者ばかりで、誰でも楽しめる映画だと思います。

「ワイルドスピード・スカイミッション」の撮影期間中にポールが亡くなってしまい、タイリース・ギブソンがポールの事故現場で涙を流してるシーンは涙ものです。。。

ワイルドスピードは個人的に一番始めの作品が好きですね。ポールとヴィンが対立するストーリーです。

ドウェイン・ジョンソンやジェイソン・ステイサムが出演するようになってから、少し楽しさが薄くなってき感じがします。

この2人は役者としては好きですが、少しワイスピの”色”と違っている感じがして、あまり合っていないように思いました。実際にドウェインとヴィンはワイスピの中でも不仲説が強いですね。

 

ミッション:インポッシブルシリーズ

ミッション:インポッシブルシリーズも名作中の名作で、初期の作品でも未来で開発されそうなアイテムを巧みに使ってスパイ任務を遂行するシーンには、非常に見入ってしまいます。

トム・クルーズは年齢を重ねてもかっこいいですが、女優陣もジェレミー・レナーといった有名な役者も出演しており、見応え抜群です。

特に、ミッション:インポッシブルシリーズでは、トムがスタントの代替えを使用しないで、アクション・スター並みの演出にはハラハラドキドキします。

ローグ・ネイションではCGを使用しないで実際に飛行機スタントに挑戦しているシーンがあるのですが、飛行中は目を開けるのすらやっとだったそうです。

 

リミットレス(個人的にめちゃ面白かった)

ブラッドリー・チャールズ・クーパーが主演を務める映画で、その他にもロバート・デ・ニーロも出演しています。

ストーリーですが、ある会社が開発したサプリを摂取すると、過去に見たり聞いたりしたことの全てを思い出すことができて、しかもそれを全て自分のものとして使用できるようになり、ブラッドリーがそのサプリを使用してサクセスストーリーを歩む予定だったが…。

最終的にはどんでん返しが待っている鉄板の映画となりますが、かなり惹きつけられましたし、海外ドラマ化されるほど、人気となった映画になります。

ブラッドリーの映画で他にもおすすめできるのは「二つ星の料理人」が挙げられますね。

 

 

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

【著者のプロフィール】 就職浪人を1年して内定した会社を半年で辞めブログで独立。人脈なし金なしから主にブログやサイトで1年後に月収100万円達成。2019年はSNSと動画マーケティングに力を入れていきます。最新の実績やビジネス情報はLINE@またはメルマガ登録者限定で配信しています。(詳細は記事下)