ブラック企業の社畜とは?残業月60時間の懲役40年は辛すぎ!

【著者のプロフィール】

就職浪人を1年して内定した会社を半年で辞めブログで独立。人脈なし金なしから主にブログやサイトで1年後に月収100万円達成。2019年はSNSと動画マーケティングに力を入れていきます。最新の実績やビジネス情報はLINE@またはメルマガ登録者限定で配信しています。(詳細は記事下)

【要チェック】この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

どうも、うぇぶ太郎です。

今回はブラック企業で働いた私の経験談を元に、毎月60時間の懲役40年生活がいかに「頭おかしい」かを個人的な視点で紹介していきたいと思います。

ただ、ブラック企業を辞めたからといって、精神的に楽になれるのは一時的だといえます。

自主退職をしてフリーランスや起業の道を選んでもいいですが、フリーランスや起業の道を選んだからといって誰しもが成功するわけではありません。

つまり、努力の方向性をどのように持っていくかが重要かなと思っています。

 

Sponsored Links

ブラック企業の定義とは

ブラック企業は人によって定義が変わってくるといえます。

単に長時間労働がヤバいだけではなくて、人間関係や上司からのパワハラ、理不尽に詰められる、などが挙げられるでしょう

ただ、実際に働いている労働者の仕事に対するメンタルによっても変わってきます。

「仕事が生きがい!もっと働きたい!」という方は、こういった状況下が逆に天国かもしれません。

ただ、9割以上の方は、そんな苦労して働くことは絶対嫌だと思います。

私はワークライフバランスを好きなように調整したいタイプなので、絶対ブラック企業で働きたくないです。

 

残業月60時間は正直かなり辛い!

残業月60時間は結構辛いです。私も以下のような生活を継続していた時があったのですが、何のために生きているのかが分からなくなった時があります。

大体は以下のようなサイクルですね。

 

参照元:http://kjms.jp/wp-content/uploads/2017/03/0b40efde8ea0e0dd3bb766befa31735f.jpg

 

家は帰ったら寝るだけですし、土日も外出するので、私が社畜状態だった時は全く家にいた記憶がありません。

ゆるゆるな学生生活から一転して、毎日決まった時間に起きて、絶対遅刻もできず、仕事をミスればたまに激詰められる生活を送っていました。

この生活を送って1〜2週間目くらいが、つらさのピークだった気がします。

この状態が40年も続くと想像すると、うつでしかないですし、正直Googleで「自殺 簡単な方法」とかで検索したこともありました。※今では笑いごとですが・・・

ただ、私の場合は1ヶ月くらいが経過してからは慣れてきたことを覚えています。

 

私がブラック企業から独立してフリーランスで月収100万円を稼いだ経緯とは

 

サラリーマンの社畜は懲役40年と変わらない

私が就活を始めた時は”社会人”という現実にぶち当たり、もう大学生みたいな人生の夏休みが味わえないと思っていました。

1週間の中で5日は必ず働き、その生活が40年も続くと考えると、大学生時は社会人=「生きている意味って何?」って思うこともありましたね。

それくらいマインドがヘナチョコだったのです。

実際に私の友人は某大手企業に就職したのですが、直属の上司からの嫌がらせが頻繁に起きて、社畜中の社畜状態だった子がいます。

その友人は会社を辞めて、実家に戻れる状態でもなかったので、プロミスから50万円ほど借金をしつつ、転職活動や自分で起業できるかを模索したりしていました。

Sponsored Links

現在、その友人は転職活動に成功したのですが、営業会社で以前よりも社内環境が厳しく、今後も社会人としてやっていけるか不安な状態でした。

 

そもそもブラック企業でどんなスキルが身につくの?

毎月残上時間が60時間を超えて、最終的にはどんなスキルが身につくのかをすごく考えた時期があります。

幸いなことに、IT系のベンチャーに就職してECやアフィリエイトのことを勉強できたので、ブラック企業で辛かったですが、学べた部分も多かったです。

ですので、独立した時にはアフィリエイトとかネットビジネスとかに全く偏見がありませんでしたし、逆に私でも稼げるかもと思いました。

あとは、クライアントとかのメールのやり取りとかは完全に血肉化するくらい学べました。

サラリーマン生活が短くて偉そうなことは言えませんが、何もスキルが身につかず、うつや情緒不安定になるくらいなら個人的にはどんな状況で辞めた方がいいと思っています。

結婚していたり、子供がいて、そう簡単に辞めれない方は副業を絶対に始めた方がいいですね。

 

フリーランスや自営業も決して楽ではない

ただ、フリーランスや自営業も決して楽な道ではありません。よくインターネットビジネスの誇大広告を見ると、

・1日何分で月収100万円

・何もしないで年収1000万円

・◯◯のツールを購入すれば、自動で毎日3万円稼げる

こういった誇大広告を見かけることもありますが、そんな簡単に稼げません。

インターネットビジネス初心者の方が、本当に稼げるツールを探し出すのも難しいですし、誰しもがすぐに1日何分で月収100万円を稼げるわけではありません。

とはいっても、仕組み化ができれば、こういった短時間労働で圧倒的な実績を残すことは十分可能になります。

 

あなたの理想的なフリーランスはどんな生活?

フリーランスになっても、誰しもが社畜状態から解放されるわけではありません。

例えば、IT土方と言われるように外部から仕事を請け負っているプログラマーとかは、納期に追われて仕事三昧な生活を送ってしまう方もおられます。

また、売上の上限が決まっている仕事とかも個人的にはブラック企業で働いているのとあまり変わらないといえます。

例えば、私がアフィリエイトのコンサルをした方で、美容室を経営されている方がおられたのですが、まだ軌道に乗らず、スタッフもいなにことから毎日自分で髪を切っている方がおられました。

「労働時間が長く、何のために独立のかが分からない」ということで、アフィリエイトを実践されました。

 

社畜同然の美容室の経営者から時間的に余裕のある経営者へ変貌した体験談

結果としては、美容室の経営の他にも月収50万円くらいをアフィリエイトで稼げるになり、スタッフを他にも雇って美容室を1店舗増やすことに成功されました。

アフィリエイトは自分の短所や長所を情報発信できるので、その方には”美容室”を中心にブログでアフィリエイトによる稼ぎ方を伝えました。

例えば、美容室の経営ノウハウ、育毛・抜け毛に関することなどが挙げられます。

実店舗があれば、ブログだけではなくSNSマーケティングをすれば、お客さんの集客にも繋がりますね。

 

やり甲斐はあるし結果を出した時の嬉しさは格別

私が独立して月収50万円を自力で稼いだ時は、「本当にpc1台でお金を稼げるんだ!」と思いました。

人にとやかく指図されて結果を出すよりも、自分でクリエイトして結果を出した時の喜びは格別です。

パソコンの前で一人でガッツポーズをすることも多々ありました。もちろん、結果を出さないと生活ができないので、上手くいかない時は凹むこともあります。

ですが、ブラック企業からの独立を選択して、個人的には正解だと自信を持っています。

 

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

【著者のプロフィール】 就職浪人を1年して内定した会社を半年で辞めブログで独立。人脈なし金なしから主にブログやサイトで1年後に月収100万円達成。2019年はSNSと動画マーケティングに力を入れていきます。最新の実績やビジネス情報はLINE@またはメルマガ登録者限定で配信しています。(詳細は記事下)