バイナリーオプションのメンタル管理法!掛け金と軍資金の重要性!大学生でも始められる?

【著者のプロフィール】

就職浪人を1年して内定した会社を半年で辞めブログで独立。人脈なし金なしから主にブログやサイトで1年後に月収100万円達成。2019年はSNSと動画マーケティングに力を入れていきます。最新の実績やビジネス情報はLINE@またはメルマガ登録者限定で配信しています。(詳細は記事下)

【要チェック】この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

バイナリーオプションで勝つためには、ギャンブル要素を排除し、日々の勉強や経験を積むことで相場観を養っていく、勝率をあげていくということは大切です。

ここで、ギャンブル要素を排除するためにもう一つ重要なのが「感情の排除」です。

基本的にギャンブルのシーンでは、一儲けしたいという欲望をむき出しにスリル満点の駆け引きが続いています。

バイナリーオプションは2択なのでどちらかを選択するのですが、そこに一か八かという賭けをするのではなく、冷静な判断を通して勝率を限りなく上げていくのが重要です。

そこで意外と見落とされるものの、勝ち組のトレーダーが必ず行っていることは、メンタル管理です!

 

Sponsored Links

トレードはメンタル管理が非常に重要

日々の勉強の積み重ねの上に、最後はメンタル管理がものをいうでしょう。知識がついて、様々な判断基準でチャートを分析できるようになっても、自分の心をコントロール出来ないと安定した勝ちは得られません。

人間である以上、どうしても欲はありますが、自分をコントロール出来ずに欲に負け取引額を釣り上げてしまった結果、その取引に負けてしまい今まで積み重ねていた利益が大きく飛ぶなんてこともあるでしょう。

このようにコツコツ積み重ねて利益を出して、一気にドカンと大損することは“コツコツドカン”と呼ばれ、投資家心理として有名です。

ですので、メンタル管理は身につけることは非常に大切です。

 

マインドルールとは

安定して利益を出し続けているトレーダーの多くはマインドルールというものをしっかりしています。

トレードを行う上であらかじめ自分の中でルールを決めておいて、それに当てはまる場合のみエントリーしたり、当てはまらない場合はエントリーを見送ることでブレのない取引をするように心がけています。

負けない、損をしない取引をどれだけ行えるかというのは大事なポイントなのです。

バイナリーオプションにおける重要なマインドルールを紹介していきますね。

 

損失が出ても、動じないこと。

大事なお金を投資しているので、それがなくなるとなったら焦るのはよくわかります。
次の取引で絶対に取り返す!などという焦る気持ちを抑えてください。

焦りや、負けを引きずる気持ちがあるようであれば、一度チャートから離れて冷静になりましょう。

 

取引金額は徐々に上げていく

勝ち続けて利益が大きくなってくると、自分の投資金を考えずにその取引に勝った時の収益だけを考えてしまうことです。

二者択一なため、利益と損失は常に紙一重です。損失のこともきちんと考え、リスクヘッジすることは欠かせません。

また、自分の投資金の範囲で大きな額を賭けて、負けてしまうとダメージも大きく、余計に「取り戻そう」という気持ちが生じてしまいます。

ですので、次の取引に影響がでます。取引金額は徐々にあげていき、自分にとって無理のない範囲で行い、損失でダメージを受けないような状況を作り出しておくのも大切です。

 

勝率を計算する癖をつけること。

実は利益にばかり目が行ってしまいますが、とても大事なんです。

勝率が低かったら、長い目で見て利益は望めません。勝率を上昇させ、負けない取引をこつこつと積み重ねていくことこそ、重要なのです。

損失額に意識がむくと焦りの原因にもなるので、そちらに目を向けないためにも勝率を計算していきましょう。

 

バイナリーオプションの掛け金

バイナリーオプションは初心者にとって始めやすい投資として魅力的と言われていますが、最初にどれくらい資金が必要かは気になりますよね。

バイナリーオプションをはじめるためにはまず、口座開設を行います。口座開設は無料ででき、口座には最初に一定額お金を入金する「初回入金」をしなければなりません。

取引を始める前にあらかじめ口座に入れるお金が必要となります。この初回にいくらお金をいれなければならないかは業者によって異なります。

大体5000円から1万円という業者がほとんどで、実際に他の投資商品と比べてみると、FXは始めに約3万円程度の証拠金、株式投資は、少なくとも10万円程度のお金を用意するのが一般的です。

ですので、バイナリーオプションは、ほかの投資と比べても手軽に始められます。

 

バイナリーオプションはお小遣い程度から始められる

業者によっては口座開設の際に初回限定のキャッシュバックキャンペーン等を行ってるところも多いので、それを利用すれば実質ゼロ円で口座開設することもできます。

また、バイナリーオプションの魅力は、最低取引金額が小さいてできることにもあります。これは、投資を継続するにあたって必要な資金にも直結します。

各業者によって金額差がありますが、最低取引金額は50円から投資が出来る業者や、高くても1000円程度から投資が出来る業者も多いです。

まさにお小遣い程度の金額から始めることができ、月々少しお金を捻出することで始められますね。

 

バイナリーオプションは掛け金以上の損失は出ない

ちなみにバイナリーオプションは投資なので損失がでてしまうこともあるでしょう。バイナリーオプションとは予想が外れた時に投資額すべてを没収されるというルールになっています。

仮にすべての金額をかけて行うというようなやり方をとり、予想を外してしまったとしてもその金額以上に失うことはありません。

Sponsored Links

外しても、次の取引には最低50円からできてしまうので、再起も可能です。

ただし、あくまで投資ですので、絶対の保証はありません。自分がもし仮になくなってしまっても困らない程度のお金を使って投資をしていくのがベストです。

 

バイナリーオプションで掛け金は負けを想定しよう!

最低50円から掛けられるバイナリーオプションですが、どのくらいの掛け金がベストなのでしょうか。

それは、目標利益はどのくらいなのか、どのくらいの時間を投資に使い、回数を行えそうか、どれくらいの金額なら懐に負担がないか、など個人差があるので、一概にベストはこの金額というのはありません。

バイナリーオプションで勝ち続け、利益を手に入れていくには、冷静でいることは非常に大切です。

ギャンブルのように一喜一憂するのではなく、冷静に相場を把握・分析するので、冷静に頭を働かせるのが必要です。

 

冷静に投資しないと投資金全てを失う

仮に20万円しかない状態で、一攫千金を狙い一回の投資金額を10万円などにしてしてしまうと、予想が外れてしまえばその10万を失い、一気に資金の半分を失ってしまいます。

そこで再度取り戻そうと取引を行い、負けてしまう。人間は損をするのが嫌な生き物なので、感情が生まれ、冷静な判断を妨げてきてしまいます。 その結果、資金をすべて失うことも可能性はゼロではありません。

そういったケースを考えると、バイナリーオプションでは少ない金額(自分にとってなくなっても負担ではない金額)から投資をはじめ、常に資金に余裕をもたせるのがよいでしょう。

初心者、取引にまだ慣れていないひとへおすすめのラインは、「軍資金の2%以内」を目安としてもらえればと思います。

 

大学生でもバイナリーオプションで稼げる?

今は大学生が投資をやっているというのも珍しくなくなりました。

「周りの友達が投資をしていて、おもしろそうだから自分もやってみたい」「時給900円くらいのアルバイトはしたくないから投資で効率よく遊ぶお金を作りたい」という方が多いのでしょう。

色々な投資があるなかでバイナリーオプションは、株式投資やFXとは違い、投資が初心者の人でもスタートしやすい投資と言われています。

また、20歳以上であれば口座を開設可能なので、20歳以上の大学生ならバイナリーオプションをスタートできます。

ちなみに、口座開設時には運転免許証やマイナンバーなど、必ず身分証明書の提出が必要になるため、年齢の詐称はできません。

 

大学生はアルバイト代でもバイナリーオプションを始められる

大学生でも稼げる理由の一つに、バイナリーオプションは取引が1口500円〜1,000円からありますし、業者によっては最安で5,000円あれば口座開設できます。

資金があまり用意できない方でも安心をして投資を始める事ができるのも、魅力の一つでしょう。

最近では、ブログ等でも大学生が世界一周旅行のための資金をバイナリーオプションで稼ぐというチャレンジがあったりします。

アルバイトで資金を稼ぐのもいいですが、時間にゆとりのある大学生のうちに勉強をして、投資に挑戦してみるのも、世界や国内の政治動向、経済や相場の原則等に触れるきっかけとなり、そこから興味が広がっていったりするかもしれませんし、いい経験となりますね。

 

税金の申告漏れに注意

ただし、大学生といえど、儲けた場合には税金の納税が必要になってきます。ここで得た儲けは雑所得という分類となり、確定申告の必要性がでてきます。

確定申告とは、昨年1年間に一定額以上の所得があった人に対してその内訳の申告をするというもので、1月から12月で1つの区切りになっています。

では、バイナリーオプションで確定申告の必要性がでるのはいくら以上の収入でしょうか。答えは38万円です。また、必ずではありませんが大きな損失をしてしまった人も確定申告をおすすめします。こちらの理由は後程説明します。

 

扶養親族のメリット

さて、ここで大学生は社会人と比べて少し注意すべきところがあります。それは、大学生の場合、親の扶養親族となっている場合がほとんどなので、それにより親は一定の所得控除を受けていることになります。

分かりやすく言うと、大学生であるあなたが扶養親族となっていることで親の納めるべき税が少々減額され、金銭的メリットが生じているということです。

扶養親族としてみなされるためには年間の所得の合計金額に決まりがあります。それは38万円以下であることが必要です。

つまり、バイナリ—オプションで38万円以上の利益を得てしまうと、扶養控除の対象外となってしまうのです。大学生の中にはアルバイトもしている人も多いでしょう。

アルバイトだけをしている場合は、年間103万円を超えていなければ所得は0という扱いになりますので、納税の義務は発生しません。もちろん扶養にもはいったままです。

ただし、学生は勤労学生控除として27万円の控除が認められています。つまり学生は年間130万円までは所得として考えることがないわけです。

 

勤労学生控除が受けられる条件

純粋な所得からあらゆる控除を引いたものの額に応じて、税金がかかったり扶養に入れるかどうかが関わってきます。学生の給与所得が65万円以下であることが重要。

そして勤労によらない所得が10万円以内であることも必要です。

この2つの条件があるので、大学生であれば一年間の自分の収入ー65万円(給与所得控除)ー27万を計算してみてください。計算の結果103以下の場合は扶養控除のままとなります。

 

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

【著者のプロフィール】 就職浪人を1年して内定した会社を半年で辞めブログで独立。人脈なし金なしから主にブログやサイトで1年後に月収100万円達成。2019年はSNSと動画マーケティングに力を入れていきます。最新の実績やビジネス情報はLINE@またはメルマガ登録者限定で配信しています。(詳細は記事下)