airbnbで英語が話せない!英語対応はメールで必須!?

【著者のプロフィール】

就職浪人を1年して内定した会社を半年で辞めブログで独立。人脈なし金なしから主にブログやサイトで1年後に月収100万円達成。2019年はSNSと動画マーケティングに力を入れていきます。最新の実績やビジネス情報はLINE@またはメルマガ登録者限定で配信しています。(詳細は記事下)

【要チェック】この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

日本国内でもairbnbのホストをしているとゲストとのコミュニケーションはおよそ90%以上が英語でのやりとりになります。自分の英語力が運営する際にネックになると感じairbnbへの参入を足踏みしている方は多くいると思います。

 

それでは実際のところは英語が話せる必要があるのか、またメールなど英語を使う場面はどういった時なのかを紹介していきます。

 

Sponsored Links

airbnbで英語が話せない!英語対応はメールで必須!?

まず結論からいうと、英語を話せる必要はありません。英語が必要になるシーンはいくつかありますが、それらの対処方法も合わせて紹介していきます。

 

会話が必要でないシーン

・シーン1.ゲストとのメールのやりとり

ゲストは宿泊を希望する物件が見つかるとホストに問い合わせをします。airbnbではゲストがいきなり予約することはできず、一言メッセージをする必要があります。

 

この際に返信が必要になるので運用するにあたり最低でも一度以上は英語でメッセージを送ることになります。

 

予約が確定していない段階でもメッセージがくることがありますし、それらにもきちんと返信をしないといけません。

 

というのも、返信ができているか、そしてそのスピードが早いかどうかはairbnb内での評価に大きく影響するからです。評価が上がると検索結果において上位表示されやすくなりより売上もあがるということです。

 

 

・シーン2.リスティング(物件情報)、道案内情報、ハウスガイドの作成

リスティングとはサイト内で公開されているそれぞれの部屋の料金や写真、立地などを含む物件情報のことです。

 

これらをサイト内で閲覧した上でゲストは予約するかどうかを決めますので非常に大事な部分になります。説明はもちろん英語で記載する必要があります。

 

英語での説明は完璧である必要はありませんが、文法にミスがなく正しい表現を使うことができるレベルが望ましいです。正しく記載されているリスティングとそうでないものであれば前者が選ばれやすいのは言うまでもありません。

 

また必須ではありませんが、空港や駅から部屋までのアクセス方法を記載した資料を用意しておくとゲストから喜ばれます。

 

 

これらは実際にハウスガイドを作成した時のものです。※実際には知り合いの代行業者さんに依頼して作成して貰った時のものですw

 

Sponsored Links

 

予約をしてくれたゲストにメールなどでその資料を事前に送っておくことで当日送迎する必要もありませんし、道に迷うなどのトラブルを未然に防ぐことができます。

 

そしてもう一つ大切なのがハウスガイドです。部屋でのルール(禁煙や騒音禁止など)やエアコンや洗濯機などの備品の使用方法を記載しておきましょう。

 

 

滞在中に部屋内で問題が起きてもハウスガイドに記載している内容であれば、その旨を伝えるだけで解決することもよくあります。

 

これら3つはメールのような初級の英語力ではなく、少し上のレベルの英語力が必要になります。

 

 

・対処方法

このようにある程度の英語力が必要になりますが、直接会話をしているわけではありませんので問題はありません。対処方法としてはGoogle翻訳を使って訳してから返信する方法やこれらの対応を代行業者に委託する方法などがあげられます。

 

メールの場合聞かれる内容はいくつかに限られているので自分で対応することも可能ですが心配であれば代行業者を使うのもいいでしょう。

 

メール代行だけであれば1物件あたり1ヶ月2〜3万円ほどで対応してくれるところも多いです。またリスティングページの作成や道案内情報、ハウスガイドの作成など初期設定で必要になる部分を請け負っている業者もあります。

 

会話が必要なシーン

・シーン3.鍵の受け渡し

チェックイン当日にはなんらかの方法で鍵の受け渡しが必要になります。直接会うことになるので多少なりともリスニング力などの会話能力がないとゲストは困惑してしまいます。

 

鍵を渡してハウスガイドを簡単にする程度なら事前にテンプレートを暗記して臨むこともできますが、こちらが一方的に話してゲストから全く質問がないということはほぼありえません。

 

 

・対処方法

実は鍵を直接渡さなくても受け渡しができる方法があります。それは小さなダイヤル式の鍵入れをポストや玄関につるしておき、暗証番号をメッセージで伝えておくというやり方です。

 

直接会う必要がありませんので英語で会話しなくて済みますし、自宅から離れた場所での運営も可能になります。またこの受け渡し方法はairbnb内でも主流になりつつあるのでトラブルになることも少ないです。

 

airbnbで英語ができない時はどうする?

もちろん英語ができる方が良いですが、先ほど書いたように事前準備をしてテンプレートを作成したりするなどの工夫をすることで英語ができなくても運営することは可能です。

 

また、それでも不安という方は英語ができる知り合いと組んで始めたり、あるいは代行業者に委託するのも一つの手です。また、外国人観光客は日本人があまり英語ができないということを認識しているので、完璧に意思疎通できなくても気分を悪くする例は少ないです。

 

言葉以上に丁寧に対応するという姿勢が大切ですので、そういったおもてなしをすることを心掛けるようにしましょう。

 

以上になりますが、英語圏でない中国人や韓国人であっても大半は英語が通じるので、それぞれの言語に対応できれば良いですが、そうでなくても問題はほとんどないので心配する必要はありません。

 

自然と英語を身につけていくことができます。

 

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

【著者のプロフィール】 就職浪人を1年して内定した会社を半年で辞めブログで独立。人脈なし金なしから主にブログやサイトで1年後に月収100万円達成。2019年はSNSと動画マーケティングに力を入れていきます。最新の実績やビジネス情報はLINE@またはメルマガ登録者限定で配信しています。(詳細は記事下)