airbnbで鍵の受け渡しや受け取り方法!オートロックはどうする?

【著者のプロフィール】

就職浪人を1年して内定した会社を半年で辞めブログで独立。人脈なし金なしから主にブログやサイトで1年後に月収100万円達成。2019年はSNSと動画マーケティングに力を入れていきます。最新の実績やビジネス情報はLINE@またはメルマガ登録者限定で配信しています。(詳細は記事下)

【要チェック】この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

どうも、うぇぶ太郎です。airbnbのホストを始める際に疑問を持つポイントが鍵の受け渡しについてです。

airbnbの公式のヘルプページを見てみると、手渡しがホストが多数を占めており、手渡し以外だと事前に鍵の郵送する人や鍵の保管場所を作ってそこ入れておく人、近隣の人に鍵の受け渡しを任せている人などやり方が人それぞれということがわかります。

それでは実際にどのような受け渡し方法がおすすめなのか、また鍵に関するトラブルについても紹介します。

 

Sponsored Links

airbnbで鍵の受け渡しや受け取り方法!オートロックの方も必見!

まずairbnbには部屋のタイプが大きく分けて3つあり、部屋のタイプによって鍵の受け渡し方法が異なることが多いです。

個室タイプやシェアルームタイプの部屋の場合、同じ空間にホストがいることが多いのでゲストに直接鍵を受け渡すことが可能です。

しかし、実際のところは貸切タイプの部屋が多く、このタイプの場合鍵を直接渡そうとするとわざわざそれだけのためにホストが足を運ぶ必要があります。

ホストが忙しい場合、こういった時間が無かったり、距離が遠く現実的に難しいということもよくあります。

中には何軒も物件を保有しているホストもいますのでそういったホストはどのようにして鍵の受け渡しを行っているのかを紹介します。

 

手法1.郵便ポストを介して鍵の受け渡しをする

この方法が現在もっとも利用されています。郵便ポストの中に直接鍵を入れているホストもいれば、郵便ポストの中に鍵箱を設置してその中に入れているホストもいます。

この方法だとゲストと直接会う必要がありませんし、難しい説明も必要ないのでトラブルが少ないと言われております。

 

手法2.スマートロックを使ってチェックイン

この方法も郵便ポストでの受け渡しと同様にゲストと対面で話す必要がありません。

新しい技術を活用しているものなのでまだまだ普及率は低いですが、今後導入するホストが増えてくると言われており注目度が高まってきています。

 

スマートロッックの仕組み

これはみなさんが今使用しているスマートフォンを活用して、鍵の開け閉めができ、さらには施錠記録やオートロック機能までついた非常に優れものです。

Sponsored Links

人気の秘密は導入のしやすさにあります。これまで従来の鍵の代わりになるものが顔認証や指紋認証とされていましたが、これらは導入費用がかなり高く、別途取り付け工事が必要でした。

一方でスマートロックは安いものの場合数万円から販売されていますし、取り付け工事の不要なのでドアに貼るだけで導入できるのです。主な導入メリットは次の5つになります。

 

・たったの5分で初期設定が完了し導入可能

・ホストは指定のURLをゲストに送信し、ゲストがそのURLにアクセスすると鍵の開閉が可能

・URLの利用期限の設定ができるのでチェックアウト後にゲストが開錠することは不可

・ホストはドアは開閉記録をリアルタイムで確認可能

・鍵そのものが必要ないので紛失リスクがなく、閉め忘れなどのセキュリティ強化が可能

 

このようにメリットが多いスマートロックですが、フォトシンス社が開発提供している「Akerun」はスマートロックの中でも特に注目が集まっており今後広く浸透していくでしょう。

 

手法1と手法2のメリット・デメリット

上記2つの手法、特に1つ目が主流ではありますが、やはり挨拶も兼ねて直接顔を合わせて鍵を渡したほうがゲストからの評価は高くなる傾向があります。

しかし旅行はイレギュラーなことがよく起こりますので待ち合わせの時間になっても一向にゲストが現れないということもありますし、ゲスト側からするとポストなどでの受け渡しの方がチェックインの時間を気にせず、ゆっくりと観光を楽しめるというメリットもあります。

こういった意見も踏まえますと、貸切タイプの部屋の場合セルフチェックイン方式がホストとゲストの双方にとってもメリットが大きいと考えられます。

 

airbnbで鍵がなくなるリスク

鍵がなくなってしまうリスクは多少なりともあります。よくあるケースとしましては、ゲストが外出先に持っていった際にどこかで紛失してしまったり、チェックアウト時にポストに入れ忘れてそのまま持って帰ってしまうなどです。

鍵が無い状態が長時間続いてしまうと、清掃ができず次のチェックインまでに間に合わないなどの事態になりかねません。

鍵の紛失は頻繁に起こるわけではありませんが、万が一起こってしまったときに備えて予備の合鍵を用意しておくようにしましょう。

予備の鍵は3〜5個程度用意しておくと安心です。また鍵の種類ですが、鍵表面にぼこぼこの穴が開いたディンプルキーの場合作成時間も長時間になりますし高価なので一般的なピンタンブラー錠をおすすめします。

これであれば10分程度で完成しますし値段も500円以内でできるところがほとんどです。

以上になりますが、自分のスタイルや物件に合う鍵の受け渡し方法でゲストを迎え入れ、そして送り出すようにしましょう。

 

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

【著者のプロフィール】 就職浪人を1年して内定した会社を半年で辞めブログで独立。人脈なし金なしから主にブログやサイトで1年後に月収100万円達成。2019年はSNSと動画マーケティングに力を入れていきます。最新の実績やビジネス情報はLINE@またはメルマガ登録者限定で配信しています。(詳細は記事下)