airbnbを一軒家やタワーマンションで?田舎の方が稼げる?

【著者のプロフィール】

就職浪人を1年して内定した会社を半年で辞めブログで独立。人脈なし金なしから主にブログやサイトで1年後に月収100万円達成。2019年はSNSと動画マーケティングに力を入れていきます。最新の実績やビジネス情報はLINE@またはメルマガ登録者限定で配信しています。(詳細は記事下)

【要チェック】この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

airbnbが日本で流行り始めたころは都心のアパートの1室、特に1Rや1Kの登録物件が非常に多かったのですが、最近ではその地域や部屋のタイプや大きさの多様化が進み、さまざまな物件が登録されています。

今回はその中でも一軒家やタワーマンション、また都心とは真逆の田舎で稼げるかどうかを紹介します。

 

Sponsored Links

airbnbは一軒家で稼げる?

最近は家族旅行などの大人数でも宿泊できる物件の人気も高まっています。小さい規模の物件では到底稼ぐことが難しい金額を毎月安定的に稼いでいる方も数多く存在します。

その中から一つの事例を交えながら紹介します。

まず、物件の概要ですが都内にある一軒家で駅からは徒歩5分以内、間取りが4LDK(収容人数は14人程度)、家賃16万円になります。

またオーナーさん、管理会社から民泊の許可が下りている物件になるのでairbnbを使って又貸しをすることを認められてる物件になります。

この物件に泊まるユーザーは家族連れの外国人観光客以外にも、日本国内の地方からの観光客や大学のサークルの合宿などのように使用用途は幅広いです。

料金設定ですが、年間を通じて設定している宿泊費用は若干の上下はありますが、平均すると一泊当たりおよそ4万円で設定しています。

人数によらず一律でこの宿泊料金にしているところがこの物件の強みになります。そして気になる売上高ですが、昨年1年間でおよそ1,000万円上がりました。

清掃費や光熱費などの費用がおよそ400万円かかりますが、それでも純利益として600万円前後残る計算です。月平均で20〜25日ほどの稼働日数になります。

このように一軒家の物件の人気が上がってきており、賃貸ではなく物件を購入して運営している方も中にはいます。

一軒家の物件は従来の不動産投資では回収までに時間がかかるため効率が悪く、避けられていましたがAibnbを介して運営することでこれまでにはない利回りの高収益物件になるのです。

 

airbnbをタワーマンションで稼げる?

一軒家と同様に最近人気が高まっているのがタワーマンションの物件です。マンションの一室でありながらホテルのような綺麗さや設備を兼ね備えていますし、普段宿泊することができないランクの部屋にリーズナブルな価格で泊まることができるのが人気の理由です。

しかし、以下のような理由でタワーマンションを民泊に活用することを禁止する物件も出てきていますので、強制退去などのリスクが付いてきます。

Sponsored Links

 

・共用施設が荒れる

ジムやプールなどタワーマンションにはさまざまな共用施設があります。このような施設の利用を許可しているホストも多いようですが、大人数のゲストが占領すると本来利用できるはずの住人が使えないという事態が起こりかねないからです。

 

・セキュリティの担保ができない

タワーマンションに住む住人の多くはそのセキュリティに魅力を感じてます。中には4回以上鍵を使わないと部屋まで入ることができないタワーマンションもあります。

そういった場所にインターネット上で予約をした外国人が自由に出入りできるというのは、タワーマンションの管理会社も難色を示すというのを理解できるはずです。

 

・価値が維持できなくなる

タワーマンションに住むためにはそれなりの社会的信用と経済力が必要になります。充実した共用施設以外にもコンシェルジュサービスが付いているマンションもありますし、その空間にいること自体に価値があるものです。

そういった空間にリーズナブルな価格で誰でも泊まれるようになってしまうとマンションの価値が下がる可能性があります。

実際に2015年6月には東京都江東区にあるブリリアマーレ有明の公式ブログにおいてairbnbなどを利用した又貸しの禁止を管理規約に定めたことを発表しています。

今後こういった流れが続く可能性がありますので、人気があるからといってタワーマンションでの運営には気を付ける必要があります。

 

airbnbは田舎の方が稼げるの?

東京や大阪、京都をはじめとする人気エリア以外にも稼げるエリアがあります。その背景にあるのが日本政府によって実施された、地方創生のための規制緩和です。

外国人観光客は日本“らしさ”を味わうために農漁業体験を希望したり、田舎にある世界遺産を訪れるために足を運ぶ傾向があります。現在人気があるのは和歌山県の高野山周辺や長野県の白川郷周辺などがあげられます。

外国人観光客は現地に着くと公共交通機関よりタクシーを使う傾向があるので、特に田舎であれば最寄駅から徒歩20分などのように多少が距離があったとしても問題ありません。

これぐらいの距離であればタクシーでワンメーターほどで着きますが、事前にタクシー代を聞かれることがよくありますので把握しておくと親切です。

 

田舎の物件はサポート体制を考慮する必要がある

また投資物件として田舎の物件を契約する場合は、鍵渡しやなんらかのトラブルが発生した際のことを事前に考えておく必要があります。

地域にもよりますが、そういった時のためのサポート業者もあります。例えば、鍵渡しを1,000円で代行してくれる業者もあります。

ただし、まだairbnbの存在が認知されていない地域の場合はこういった業者もありませんので、サポートの体制が整っていることを確認してから始めるようにしましょう。

田舎の場合、家賃も安く初期費用も抑えて始められそうなので、今後の政府の施策などにも注目しながら物件を増やしていきたいところです。

 

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

【著者のプロフィール】 就職浪人を1年して内定した会社を半年で辞めブログで独立。人脈なし金なしから主にブログやサイトで1年後に月収100万円達成。2019年はSNSと動画マーケティングに力を入れていきます。最新の実績やビジネス情報はLINE@またはメルマガ登録者限定で配信しています。(詳細は記事下)