アフィリエイト専業生活で4年間の体験談!収益激減で退場との戦い?

【著者のプロフィール】

就職浪人を1年して内定した会社を半年で辞めブログで独立。人脈なし金なしから主にブログやサイトで1年後に月収100万円達成。2019年はSNSと動画マーケティングに力を入れていきます。最新の実績やビジネス情報はLINE@またはメルマガ登録者限定で配信しています。(詳細は記事下)

【要チェック】この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

アフィリエイトの専業生活を初めて、はや4年くらいが経過しました。

 

昨今まじでGoogleのアップデートが酷くて、専業アフィリエイターがどんどの退場していく状況が見られます。

 

もともと、アフィリエイトで月収8桁が目標でしたが、正直かなりきついです・・・。

 

完全にGoogleからの逆風を受けており、今後アフィリエイトに参入する方も、いかにGoogleのアップデートの被害を受けにくいジャンルで媒体を構築していくのかなどを検討する必要があります。

 

サプリ主力で月7桁稼いでいたいた私の友人も健康アップデートから音信不通が続いており心配です。

 

アフィリエイトで専業を続けていくことは厳しそうという印象をもたられるかもしれません。

 

そこで、今回は実際に専業アフィリエイターがどのような生活を送っているのかを私の体験談を踏まえて紹介していきたいと思います。

 

Sponsored Links

専業アフィリエイターの生活とは?過酷なの?

専業アフィリエイターの生活は時間的にはかなり自由なので、元々兼業だったが独立してもアフィリエイトへの作業時間が全く変わらないなんてザラにあります。

 

専業として独立した結果、むしろそれだけで満足してしまい作業時間が逆に兼業の時よりも減ってしまうことがあります。

 

初めの頃は、1日何十時間も余裕だったり、自分で記事を作成することが苦ではないと思っても、ある程度軌道に乗ってると、モチベーションが下がる方もかなりおられると思います。

 

私自身もある程度報酬が軌道に乗って来た時に、モチベーションが下がってしまい、かなり飲み屋に走った時期がありますw

 

ただやはり、作業時間やアフィリエイトへの熱が下がってくると確実に報酬も比例して下がっていきます。

 

右肩上がりで報酬が上がっていたにも関わらず、報酬が減っていくとかなりメンタル的にやられますねw

 

特にサイトアフィリエイトの場合は常に先に向けてサイト・ブログ作成という種まきをしないと過酷に作っていた媒体の収益が低下してきた時に、すぐに収益を上げようと思っても中々難しいです。

 

ですので、ある程度1つの媒体で収益が確立してきたら、新たに媒体をもう一つ立ち上げた方がいいですね。

 

こういった収益サイクルを考慮して媒体作成に力を注がないと、専業アフィリエイターとして生活できなくなります。

 

確かに、好きな時間に仕事をして、好きな時間に昼寝はできますが、メリハリをつけないと、後々後悔してしまいます。

 

1日のアフィリエイトの具体的な作業時間と戦略

昨年2017年は1日中アフィリエイトをする時間と全くアフィリエイトをしない日がバラバラで、1年間トータルするとアフィリエイトの作業時間は1日3〜4時間ほどになると思います。

 

ですが、アフィリエイトを4年くらい継続して思ったのは、作業は量よりも質が大切だということ。

 

さらに、1年間を通して何媒体作成して、それぞれにどのくらいの記事を投稿するのかを計画を立てた方がいいと思いました。

 

これまでは、単価の高い案件、単価の高いジャンル、競合が弱いキーワード、を考慮して作成したのですが、今後は”圧倒的に差別化できている記事”を加えて、媒体を構築していきます。

 

ですので、1日におけるアフィリエイトの作業時間は6時間またはそれ以上費やすしたとしても、作成した記事数が1記事でも全然良しとすることにしました。

 

今までは6時間作業しても、質と量の両方を追求してきましたが、結局どっちつかずになってしまったので、一層のこと圧倒的な質をメインに1記事入魂1媒体で攻めていきます。

 

専業アフィリエイターはコミュ症になる?

私は専業アフィリエイターとして独立した時は1日8時間以上は作業に費やしていました。

 

その時は、人と話す時間が圧倒的に少なくなっていたので、久しぶりに友人と会ったりすると、声の大きさとか調整しないと会話ができないほど声が小さい時があります。

 

元々、私自身コミュ症だったので、さらにコミュ症がひどくなったような感じがしますねw

 

例えば、突然ASPの方と打ち合わせだったり、アフィリエイトとは全く別件で打ち合わせなどが入ったりした時は、事前に少し発声練習をしたりしています。

 

ですが、結構アフィリエイトを専業または法人で運営している方は結構口達な方も多いです。特に情報商材のローンチとかしている方は羨ましいくらい話せますw

 

情報商材は本当に詐欺?高額塾は稼げない?返金してもらえる?

 

専業アフィリエイトはストレスフリー?

専業でアフィリエイトをしていると、外部からのストレスはそれほど受けません。

 

受けるとしたら、外注記事を増やしたい時に、新規で契約した方がテスト記事と全く違って質の低い記事を送ってこられた時にかなりストレスがたまります。

 

あとは、外注の方に指示を出しても全く違う内容で反応がかえってきたりとすることもストレスの要因となりますね。

 

ただ、私の外注の方への指示の出し方(初期の頃)にも問題はあると思いますので、一概には言えませんが外注をメインでアフィリエイトをやられる方は外注の方に渡すマニュアルを作り込まれた方がいいです。

 

一旦マニュアルができれば、あとは新しい外注の方と契約するにしてもマニュアルを渡すだけになりますので、かなり効率よく作業を進めることができます。

 

専業アフィリエイター(特にSEO)は常に検索エンジンとの戦い!?

専業アフィリエイター(特にSEOがメインの方)は、検索エンジンの変動が起きる度に検索順位チェックツールGRCを確認して、自分が上位表示させていたキーワードが落ちていないかどうかを確認します。

 

特にASPアフィリエイトの場合は、売れているキーワードの変動によって大きく売上が変わりますので、アフィリエイト1本で生活している方は諸にダメージを受けてしまいます。

Sponsored Links

 

また、1年以上毎日記事を更新したのに全然検索エンジンが評価してくれない媒体とかを作成しまった場合は、時間的ロスがかなりでかいです。

 

上記はまだまだ一例に過ぎませんが、専業アフィリエイターは目に見えない部分でかなり苦労しています。

 

メンルマアフィリエイトの場合は、リスト収集がメインになりますので、たとえリスト収集している媒体の特定のキーワードが落とされてもブランディングができていれば、名前で検索してくれるので、まだダメージは少ない方になりますね。

 

つまり、SEOアフィリエイトをメインでやらている方は、メルマガアフィリエイト含め、他の事業と平行してビジネスをした方が、専業として独立した時にメンタル的に安定することができます。

 

現状、2017年末から私自身がアフィリエイト以外にも仮想通貨やFXのトレードに力を入れており、個人でもレバレッジを効かせられるビジネスを極めて行きます。

 

専業アフィリエイターはこんな方におすすめ!

個人的にアフィリエイトやブログは最高のビジネスモデルだと思っており、特に自分のペースで仕事をしたい方にはかなりおすすめです。

 

人と仕事をするって結構大変というか、個人的に向いていないと思いましたw

 

私は性格的に一人で淡々と仕事をしたいタイプなので、特に仕事に余裕がない時は新規で外注とかに仕事をまかして新たに事業を展開しても全く上手くいきませんでした。

 

例えば、私自身、リスティング(PPC・YDN)アフィリエイトを実践した時にLPと運用なども全て外注にしていた時期があり、利益がで始めた時はいいのですが、突然全く報酬が発生しなくなる時期もありました。

 

そんな時に、私自身広告運用に関する知識が全くなく、原因や改善点なども全く分からなかったので、3ヶ月ほど実験もかねての運用をしましたが、途中で打ち切りにしました。

 

運用を任している方にしっかり聞いたり、自分でもリスティングに関する知識をつければよかったのですが、SEOに専念したかったためにそこまで手がまわらなかったのです。※完全に自己責任

 

あとは、広告費の捻出ですね。その時はかなり記事に外注費を使っていたので、リスティングアフィリエイト自体中途半端になってしまったことも挙げられます。

 

とはいっても、次回再度挑戦する時にはどうすればいいのかといった気づきも得られたので、良い経験になりましたね。

 

また、リスクを取れない方も挙げられます。私自身今はある程度資金ができたので、投資の分野にも力を入れていますが、全く初期投資がない方はSEOアフィリエイトから始めた方がいいです。

 

ワードプレスを使用したブログは調べれば誰でも構築できますし、あとは記事を更新してアクセスさえ集まれば上手くマネタイズしていくことが可能となるので、あとはやる気だけですね。

 

ワードプレスと無料ブログの違いを比較!メリットやデメリット!

 

兼業から専業アフィリエイトに移行するタイミング

よく、いきなり専業アフィリエイターから始めるのか、または兼業アフィリエイターから始めて軌道に乗ってから専業に移った方がいいのかという疑問をもたれる方も多いと思います。

 

ちなみに、私自身は完全に見切り発車で仕事を辞めて専業アフィリエイターとして活動しましたw24歳くらいの時ですね。

 

特に師匠と呼ばれるな方もおらず、全く右も左も分からなかったのですが、とりあえず、コストがかからないという理由でアフィリエイトから始めましたね。

 

※余談ですが、ルレアプラスというアフィリエイトの教材がアフィリエイトで稼ぐきっかけになりました。

 

で、結論としては、やる気があれば、専業・兼業どのタイミングでもいいと思いましたw

 

兼業でも月300万稼ぐ人もいれば専業で毎月50万円稼ぐ人もいます。つまり、やる気としっかりと手を動かせば、結果を出すことに近づけるので、始めたければ今から始めてみることをおすすめしますw

 

専業になれば時間的余裕ができますが、兼業の人とよりも早く稼げるわけではないので、とりあえずアフィリエイトを副業としたい方はサラリーマンまたはバイトを続けながら始めてもいいですね。

 

専業アフィリエイターでも退場させられる現実がある

最後にアフィリエイトで安定して稼げるようになっても、突然収益が激減して退場してしまう現実があります。

 

※Googleのアップデートにより収益は以前より減ってきましたが、まだ私は退場せずしつこく継続していますw

 

私はよくツイッターでアフィリエイトに関するツイートを見て勉強したり、現状を知ったりするのですが、実際に何年も続けていたアフィリエイトから撤退される方も多くなってきました。

 

以下は実際に一時的に専業アフィリエイトから撤退を余儀なくされた方や、アフィリエイトから投資のステージに移った方の一例となります。かなり参考になりますので、一読した方がいいですね。

 

 

アフィリエイト体験談:9割は失敗だった

 

専業アフィリエイト屋のつぶやき

 

個人的に思ったことですが、、アフィリエイトを始める場合は、さらに次のステージを見つつ始めた方がいいです。

 

例えば、キャッシュを貯めて不動産投資などの投資をして現物資産を築いたりすることが挙げられますね。アフィリエイトは本当にいつ何が起きるか分かりますません。

 

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

【著者のプロフィール】 就職浪人を1年して内定した会社を半年で辞めブログで独立。人脈なし金なしから主にブログやサイトで1年後に月収100万円達成。2019年はSNSと動画マーケティングに力を入れていきます。最新の実績やビジネス情報はLINE@またはメルマガ登録者限定で配信しています。(詳細は記事下)