アフィリエイトの仕組み!ASPって何?儲からないって本当?

【著者のプロフィール】

就職浪人を1年して内定した会社を半年で辞めブログで独立。人脈なし金なしから主にブログやサイトで1年後に月収100万円達成。2019年はSNSと動画マーケティングに力を入れていきます。最新の実績やビジネス情報はLINE@またはメルマガ登録者限定で配信しています。(詳細は記事下)

【要チェック】この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

今回はアフィリエイトの仕組みとaspについて解説していきます。

 

結論からいうと、アフィリエイトが儲からないってことは絶対にありません。

 

私自身、アフィリエイトというビジネスモデルに出会って、人生を大きく変えることができました。

Sponsored Links

アフィリエイトの仕組みとは!?

アフィリエイトの仕組みですが、簡単に説明すると以下になります。

 

「広告主が広告費をASPに支払い、そして、ASPを通した広告をアフィリエイターがブログやサイトに掲載して、そこで報酬がしてお金が稼げる仕組み」

 

具体的には以下の画像が参考になります。

 

例えば、プロアクティブというニキビケア商品を販売している会社が宣伝目的または知名度を上げるためにASP(アプリケーション・サービス・プロバイダー)に広告費を支払います。

 

そのプロアクティブの広告をアフィリエイターが無料で利用して運営しているブログやサイトに掲載します。

 

自身のブログやサイトに掲載した広告経由でプロアクティブの商品が売れると、ASPがアフィリエイターに対して報酬を支払います。

 

ASPはプロアクティブといった広告主から支払われた広告費の中から何%かのマージン(利ざや)を得て収益を発生させています。

 

アフィリエイターは大体ASPから広告主の商品の約30%の報酬を受け取ります。もちろん、前後もします。

 

ブロガーになるには?収入源や仕組み!一般人や主婦でも月100万円?

 

30%のアフィリエイト報酬で稼げるの?

「たったの30%のアフィリエイト報酬で稼げるの?」と思われるかもしれませんが、個人でも毎月何百万円、何千万円と実際に稼がれている方も多いです。

 

某ベンチャー企業のサイバーエージェントもアフィリエイトで何千万円という利益を上げています。つまり、企業側もアフィリエイトのビジネスモデルを利用して報酬を発生させているのです。

 

今私のブログを見ている方は個人の方が多いと思いますが、個人の方がアフィリエイトで大きく稼ぐには特別単価が重要なポイントとなります。

 

アフィリエイトで特別単価を適応されるには

アフィリエイト報酬の特別単価は、通常報酬の2〜3倍、それ以上の報酬単価が適応されます。つまり、通常単価が2000円の場合、3倍の特別単価が適応されると、6000円が適応されます。

 

毎月20件取れている場合は通常単価の場合4万円の報酬を得られますが、特別単価の場合は12万円の報酬が得られます。

 

アフィリエイトはこのようにして二次曲線的に大きく稼ぐことができます。特別報酬単価は特定の条件クリアすれば、誰でも適応されますし、特に難しいことではありません。

 

アフィリエイトはしんどくないの?

アフィリエイトの報酬は青天井です。やればやるほど報酬を高めることができます。

 

ですが、売上が大きくなっても作業量は増えません。これがアフィリエイトの最大の醍醐味だといえます。

 

転売の場合は売上が上がれば上がるほど、作業量は増えますし外注も必須となります。アフィリエイトであれば、外注なしの個人だけでも毎月1000万円の報酬を上げている方もおられます。

 

アフィリエイトは作業量が多い、または報酬が発生するまでの期間が長いと思われますが、やり方次第では作業量も圧倒的に少なくして大きなリターンを最短で得られることもあります。

 

アフィリエイトの種類

アフィリエイトには以下の種類があります。

 

・サイトアフィリエイト

 

・トレンドアフィリエイト

 

・メルマガアフィリエイト

 

・リスティングアフィリエイト(PPCアフィリエイト)

Sponsored Links

 

各々のアフィリエイトにはメリットとデメリットがあります。ですが、共通していえることはアフィリエイトにはコストがほとんど変わりません。

 

コストは毎月数千円ですが、毎月何百万円という圧倒的なリターンを得られます。

 

※リスティングアフィリエイトは1000円から始められますし、投入した広告費以上にマイナスになることはありません。では、各々のメリットとデメリットを挙げていきますね。

 

サイトアフィリエイトのメリット・デメリット

サイトアフィリエイトのデメリットは報酬が発生するまでに3〜6ヶ月と時間かかってしまうことが挙げられます。これはサイトアフィリエイトだけではなくトメルマガアフィリエイトにも当てはまります。

 

というのも、サイトアフィリエトの場合は記事がインデックスされて検索エンジンに反映されるまで約3〜6ヶ月の期間が必要となるのです。

 

さらに、サイトアフィリエイトの場合は案件選びが大切です。アフィリエイトの報酬が発生しても確定率と発生率が高い案件を選ぶ必要があります。

 

ですが、更新頻度が高ければ高いほど、3ヶ月以内に初報酬を発生させることが可能ですし、外注を使いこなせることができれば、1日1時間ほどしっかりと作業をするだけでも着々を報酬を上げていくことができます。

 

また、次に紹介するトレンドアフィリエイトとは違って、1日30pvといった少ないアクセスでも報酬を発生させることができます。

 

トレンドアフィリエイトのメリット・デメリット

トレンドアフィリエイトのデメリットはクリック型の広告報酬を利用しますが、特別単価が適応されることはありません。

 

主にGoogleアドセンス広告やnend、Criteo、マイクロアド、忍者Admax、i-mobile、Kauli、Trend Match、Geniee SSP、Click!!サイトマッチ、フラクト、medi8が挙げられます。

 

中でもGoogleアドセンス広告がワンクリック15〜30円と一番高いです。

 

ただ、トレンドアフィリエイトのメリットは、キーワード選定次第では初月から報酬を発生させることができますし、クリック型の広告報酬ではアクセスさえあれば、必ず報酬が発生しますし安定してお金を稼ぐことができます。

 

メルマガアフィリエイトのメリット・デメリット

メルマガアフィリエイトのデメリットはある程度の実績とコピーライティング力に基づいた仕組み化が必要となります。

 

ある程度の実績はインターネットビジネスで5万円または10万円ほどの報酬を上げた実績となります。コピーライティング力とは読者を納得させるほどの文章力となります。

 

とはいっても実績がなくてもメルマガアフィリエイトで稼ぐことができますし、コピーライティング力も本や情報商材を読みつつ実践すれば極めることもできます。

 

メルマガアフィリエイトの最大のメリットは検索エンジンに依存しないことと、リストが資産となることが挙げられます。

 

江戸時代ではリストつまり顧客リストが記載された帳簿が商売するうえで最大の資産となりました。火事が起きた時には真っ先に持ち出すほどです。

 

メルマガアフィリエイトでもリストの収集に集中すれば、たとえばリスト数が100リストであっても、30万円の商品を販売して50人に買って貰えれば1500万円になります。

 

メルマガアフィリエイトはインターネットビジネスをするうえでは絶対に利用した方がいいですし、レバレッジが大きく効きます。

 

リスティングアフィリエイトのメリット・デメリット

リスティングアフィリエイトのデメリットは広告費が必要となることです。大きく稼ぐには広告費も大きくなりますが、リスティング広告費が毎月10万円だけで毎月何百万円と稼がられている方もいます。

 

また、リスティングアフィリエイトは初月から必ず報酬を発生させることができます。

 

下手をすれば、広告費だけを費やして、報酬が発生しないこともありますが、どのアフィリエイトの種類よりも最短でアフィリエイト報酬を発生させることができます。

 

アフィリエイトが儲からないって嘘?

アフィリエイトは立派としたビジネスです。副業・本業に関わらず、稼ぐ手段の1つになります。

 

私がアフィリエイトと出会わなければ、会社から独立もできませんでしたし、時間にも縛られる毎日だった思います。

 

誰でも必ず儲かるとはいえませんが、しっかりと作業をすれば着々と報酬を上げることができます。

 

 

私はアフィリエイトの教材「ルレアプラス」で月収100万円を達成しました。

 

 

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

【著者のプロフィール】 就職浪人を1年して内定した会社を半年で辞めブログで独立。人脈なし金なしから主にブログやサイトで1年後に月収100万円達成。2019年はSNSと動画マーケティングに力を入れていきます。最新の実績やビジネス情報はLINE@またはメルマガ登録者限定で配信しています。(詳細は記事下)